格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

「e早特1」は、北陸新幹線のネット早割

e早特1とは、北陸新幹線のインターネット予約「e5489」で購入できる特急券です。予約したe早特1は、駅の窓口や券売機で「紙の特急券」として発券して、新幹線に乗車できます。

e早特1を購入できるのはJR西日本の「J-WESTカード会員」のみです。会員以外は利用できません。

e早特1は、紙の特急券と少し仕組みが違います。買い方、使い方などをわかりやすく説明しましょう。

山陽・九州新幹線の「e早特」と名称は似ていますが、ルールには違いがあります。山陽・九州新幹線用の「e早特」については、こちらをご覧ください
 →「e早特

e早特1のしくみ

e早特1は、北陸新幹線の特定の区間・種別の列車を、乗車日の前日23時までに予約することで、eきっぷよりも安く購入できるサービスです。

予約の変更は一切できません。きっぷの受け取り前であってもできません。

e早特1の設定区間と列車

e早特1は、設定区間が限定されています。富山・新高岡・金沢・小松・福井・敦賀・七尾など−東京・上野・大宮の各区間です。小松・福井や七尾から利用の場合は、金沢駅まで在来線特急も利用できます。

e早特1で利用できる席数には、列車ごとに限りがあります。そのため、希望列車に空席がある場合でも、e早特1で予約できない場合があります。

e早特1の使い方

e早特1は、JR西日本の「e5489」で購入できる特急券です。基本的な仕組みや使い方は、従来の紙の特急券と同じです。e早特1を予約・購入したら、駅で「紙の特急券」にかえて(受け取り)、新幹線に乗車します。つまり、従来同様、紙のチケットが発行されます。

e早特1は、専用の片道乗車券(e5489専用乗車券)とセットで発売します。「特急料金部分」だけを購入することはできません。

紙のきっぷの受け取り場所は?

e早特1をパソコンなどで買った場合、紙のきっぷをどこかで受け取る必要があります。受け取りは、JR西日本の窓口もしくは特急券券売機・受け取り専用機で行えます。JR東日本では、北陸新幹線の各駅と、東京都区内の主要駅の窓口・券売機で受け取ることができます。受け取りには、購入時のクレジットカードが必要です。

e早特1の変更は?

e早特1は、きっぷの変更は一切できません。受け取り前であってもできません。これは「e早特」と異なる点ですので、ご注意ください。変更する場合は、いったん払い戻しをして買い直しになります。その際、窓口で無割引のきっぷを買い直す場合はe早特1の払い戻し手数料は無料になります。

e早特1の払い戻し手数料は?

e早特の払い戻し手数料は、指定席券分が330円と、乗車券分220円の、計550円かかります。ただし、出発する日の前日からは、料金券部分について発売額の30%の手数料が必要になります。

列車出発時刻後の払いもどしはできません。

その他、基本的なルールは、「eきっぷ」の項もご覧ください。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP