格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 格安チケット > タッチでGo!新幹線

「タッチでGo!新幹線」の使い方

東北・上越・北陸新幹線のICカード乗車サービスが「タッチでGo!新幹線」です。Suica、PASMO、TOICA、ICOCAといった交通系ICカード乗車券で、首都圏エリアの新幹線自由席に、事前のきっぷを購入せずに乗車できます。

事前に登録が必要ですが、年会費などは必要なく、交通系ICカードがあれば誰でも利用できます。ここでは、タッチでGo!新幹線の利用法、メリット、デメリットについて、わかりやすく解説します。

タッチでGo!新幹線でできること

最初に、タッチでGo!新幹線でできることをまとめてみましょう。以下の通りです。

  • Suica、PASMOなど交通系ICカードでチケットレス乗車が可能。
  • 東北・上越・北陸新幹線の首都圏区間の自由席に乗車できる。
  • 乗車前に予約やきっぷの購入などは不要。

「タッチでGo!新幹線」の利用方法

「タッチでGo!新幹線」を利用する場合、最初に、駅の自動券売機で利用開始登録をします。ご自身がもっているSuicaなどのICカード乗車券を、「タッチでGo!新幹線で使う」と、登録するものです。首都圏のSuicaエリア内に設置されている自動券売機で登録できます。

登録後、利用する際には、Suicaなどに十分な金額をチャージしておきましょう。「タッチでGo!新幹線」の価格は、区間によっては約5,000円かかることもありますので、事前に料金をお確かめください。新幹線改札口では、オートチャージされません。

十分な金額がチャージされていることを確認して、新幹線改札口にSuicaなどのICカード乗車券をタッチすれば、新幹線にそのまま乗車できます。特急券などのきっぷを事前にいちいち購入する必要はありません。利用できるのは自由席だけです。指定席、グリーン席に乗車した場合、別途、運賃・料金を請求されます。

新幹線を降りたら、そのまま新幹線の自動改札機にタッチして外に出ます。タッチした際に所定の料金が引かれます。

「タッチでGo!新幹線」は、JR東日本だけのサービスで、JR東海などでは使えません。そのため、東海道新幹線では利用できません。

「タッチでGo!新幹線」の利用エリア

「タッチでGo!新幹線」の利用エリアは、以下の通りです。

  • 東京~那須塩原
  • 東京~上毛高原
  • 東京~安中榛名

ただし、大宮駅で東北新幹線と上越新幹線を乗り継ぐ場合、高崎駅で上越新幹線と北陸新幹線を乗り継ぐ場合は利用できません。

「タッチでGo!新幹線」で利用区間外まで乗車してしまった場合、新幹線降車駅の有人改札で乗車区間に対する所定の運賃・料金を精算します。

精算は面倒なので、エリア外に旅行する際は、「タッチでGo!新幹線」を使わずに、事前に「えきねっと」などで、所定の特急券を購入しておくことをおすすめします。

JR東日本「えきねっと」

タッチでGo!新幹線で利用できるICカード

利用できる交通系ICカード乗車券は、以下の通りです。

kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA、モバイルSuica

タッチでGo!新幹線の料金

タッチでGo!新幹線の料金は以下の通りです。紙のきっぷを買うのと同じか、少しだけ安く設定されています。

  • 新幹線駅相互間の価格です。在来線に連続して乗車する場合、運賃通算はしません。
  • 繁忙期、閑散期の区別はありません。
  • 自由席の料金です。指定席は利用できません。
  • こども半額。
  • 2018年4月設定。
    「タッチでGo!新幹線」東北料金表
    東京 上野 大宮 小山 宇都宮
    上野 920
    大宮 1540 1230
    小山 3500 3090 1950
    宇都宮 4210 4010 3090 1330
    那須塩原 5150 4940 4730 3080 1640
    「タッチでGo!新幹線」上越・北陸料金表
    東京 上野 大宮 熊谷 本庄早稲田  高崎
    上野 920
    大宮 1540 1230
    熊谷 3190 2980 1430
    本庄早稲田 3500 3290 2680 1130
    高崎 4210 4010 3090 1540 1020
    上毛高原 5150 4940 4730 3290 2980 1640
    安中榛名 4530 4320 3500 2780 2470 1130

「タッチでGo!新幹線」利用のメリット

きっぷを買わずに新幹線に乗れる

「タッチでGo!新幹線」の最大のメリットは、事前にきっぷを買わずに新幹線に乗車できることです。駅の窓口に並ぶ必要はありませんし、インターネットで特急券を買う必要もありません。

事前登録を一度済ませてしまえば、そのへんの電車に乗るように、新幹線に乗れてしまいます。これは便利です。

少しだけ安い

「タッチでGo!新幹線」の価格は、紙のきっぷの運賃・料金に比べ、同額か、少しだけ安くなっています。そのため、新幹線駅相互間だけ利用するなら、ちょっとお得です。格安チケットというには、割引率が低いですが。

遅延時の払い戻し手続きが不要

乗車した列車で2時間以上の遅延が発生した場合は、新幹線停車駅の新幹線自動改札機から出場する際に、利用区間の「タッチでGo!新幹線」の価格のうち、運賃相当額のみをICカード残額から精算します。これによって、新幹線特急料金が払い戻されることになります。別途、払い戻し手続きは不要です。

タッチでGo!新幹線利用のデメリット

高くなることがある

「タッチでGo!新幹線」の価格は、新幹線駅相互間でのみ設定されています。東京駅~宇都宮駅、上野駅~熊谷駅といった形です。新幹線のない在来線駅(新宿駅など)から新幹線駅までは、別途運賃がかかり、通算されません。

そのため、新幹線駅相互間(東京駅から宇都宮駅、熊谷駅など)に乗車する場合は同じか安いですが、新幹線駅以外から連続して乗車すると、紙のきっぷより高くなる場合があります(安くなる場合もあります)。

紙のきっぷで新幹線に乗る場合に注意が必要

利用登録済みのIC乗車券で在来線に乗って新幹線駅までやって来て、乗り換えで紙のきっぷで新幹線に乗る場合は、少し注意が必要です。

在来線から新幹線への乗換改札機に、必ず新幹線のきっぷを先に投入してから、ICカードをタッチしてください。新幹線のきっぷを投入しないでICカードを新幹線自動改札機にタッチした場合は、「タッチでGo!新幹線」利用として取り扱われてしまいます。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告
広告

↑ PAGE TOP