格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 格安チケット > えきねっと

「えきねっと」の使い方

JR東日本・JR北海道のインターネット予約サービスが「えきねっと」です。全国のJRの指定席・自由席を予約できます。東北・北海道・上越・北陸新幹線だけでなく、東海道・山陽新幹線も予約可能。

ここでは、えきねっとサービスの利用法、メリット、デメリットについて、わかりやすく解説します。

えきねっとでできること

「えきねっと」はJR東日本・JR北海道のインターネット予約サービスです。利用するには会員登録が必要ですが、会員になることで、JR全線の新幹線列車の予約が可能です。

えきねっとでできることをまとめてみましょう。えきねっと会員ができることは、以下の通りです。

  • パソコンやスマートフォンで全国の新幹線の指定席を予約可能
  • JR東日本・北海道の新幹線と在来線特急のネット専用割引きっぷを購入可能
  • 新幹線・特急の好きな座席をシートマップで選ぶことが可能
  • 指定席券事前申込サービスを利用できる
  • 予約後、きっぷの受け取り前なら何度でも別の列車に変更可能
  • 新幹線eチケット」でチケットレス乗車が可能

えきねっとで購入できるチケット

えきねっとでは、通常のきっぷと、「新幹線eチケット」という電子チケットが購入できます。通常のきっぷはインターネットで予約・決済し、駅で受け取ります。受け取れる駅はJR東日本・JR北海道の主な駅と、JR西日本の北陸新幹線の各駅です。新幹線eチケットは、チケットレス乗車が可能で、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」という割引きっぷを購入できます。

新幹線eチケット

新幹線の運賃・料金がセットになったチケットです。SuicaやPASMOなど交通系ICカードを使ったチケットレス乗車が可能です。新幹線駅相互間のみ設定があり、在来線駅を利用する場合は別途運賃が必要です。特定都区市内駅制度は使えません。指定席は通常価格より200円安い価格設定で、自由席は通常価格と同額です。

新幹線eチケットについてもっと詳しく
 →「新幹線eチケット

えきねっとトクだ値

「えきねっとトクだ値」は、新幹線eチケット専用の格安チケットです。JR東日本管内の新幹線の多くの区間に設定があり、時期により値段は変わります。列車・席数は限定で、だいたい5〜15%程度の割引率に設定されています。えきねっとトクだ値は、インターネットで予約、決済し、駅の窓口で紙のきっぷを受け取って乗車します。

えきねっとトクだ値についてもっと詳しく
 →「トクだ値とは?

お先にトクだ値

「お先にトクだ値」は、新幹線eチケット専用の早割型の格安チケットです。予約は乗車日の13日前の午前1時40分までです。列車・席数は限定で、だいたい約25%〜35%割引率に設定されています。

お先にトクだ値についてもっと詳しく
 →「お先にトクだ値とは?

通常のきっぷ

えきねっとで予約・購入し、窓口で受け取る普通のきっぷです。駅の窓口などで発売するきっぷと同じ価格、内容です。

えきねっと特典

「えきねっと」で予約・購入したチケットは、何度でも予約の変更が可能です。これを、「えきねっと特典」といいます。適用にはいくつか条件があります。

まず、変更が何度でも可能なのは、チケットを駅で受け取る前のみで、インターネットの手続においてのみです。受け取ってしまった後は、この特典の適用はありません。また、窓口での変更もできません。

また、利用区間がJR東日本エリア内と北陸新幹線で完結する列車に限ります。さらに、変更先は「えきねっと特典」適用列車のみです。それ以外の列車への変更については、1回のみです。

えきねっとポイント

パソコンやスマホからJRの指定席券を申し込んで購入した場合にポイントが付きます。指定席券売機で発券した場合で、指定席券1枚に付き30ポイントです。貯まったポイントは、1ポイント=2.5JREポイントに交換することができます。JREポイントは1ポイントを1円として使用できますので、実質的に、えきねっとポイント1=2.5円分と考えればいいでしょう。

えきねっと会員のメリットとデメリット

れきねっと会員になり、新幹線eチケットを利用すれば、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」といったネット専用の格安チケットを購入できます。変更が何度でも可能というのもメリットです。

えきねっと会員には無料でなれますので、会員になることでデメリットはありません。クレジットカードでの支払のみ、というのがデメリットといえばデメリットでしょうか。

えきねっとでチケットレスは利用できる?

えきねっとでは、2020年3月14日から「新幹線eチケット」サービスが開始され、チケットレス乗車が可能になりました。くわしくは、「新幹線eチケットとは?」をご覧ください。

【公式】JR東日本「えきねっと」

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告
広告

↑ PAGE TOP