格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 格安チケット > フリーきっぷ

新幹線に乗れる「フリーきっぷ」の種類と使い方

格安で新幹線に乗れるお得なきっぷとしては、「フリーきっぷ」も定番です。フリーきっぷとは、特定のエリアの鉄道路線が乗り放題になるチケットのこと。特に東京がフリーエリアになったきっぷは豊富で、東京を訪れる地方在住者には便利なチケットです。

ここでは、新幹線に乗車できるフリーきっぷやフリーパスについて、概略を説明しましょう。

新幹線に乗れる「フリーきっぷ」とは?

フリーきっぷとは、特定のエリアの鉄道路線が乗り放題になるチケットのことです。「フリーパス」「フリー乗車券」ということもあります。また、乗り放題エリアのことを「フリーエリア」と呼びます。フリーエリアに新幹線が含まれていれば、新幹線が乗り放題になることもあります。

フリーきっぷには、さまざまな種類があります。フリーエリアが広大で、新幹線も含めて乗り放題のものもあれば、往復と地域フリーエリアがセットになったものもあります。

特に東京がフリーエリアになったきっぷは豊富で、東京をビジネスや観光で訪れる地方在住者には、都内を自由に動き回れるので人気です。年齢制限のあるものや、人数制限のあるものも設定されています。

そのフリーきっぷがどういうルールで、どういう制限があるかは、購入する前によく確認しましょう。具体的なフリーきっぷの種類については、以下に説明してあります。

新幹線に乗車可能なおもなフリーきっぷ

新幹線に乗車可能なフリーきっぷをご紹介します。

北東北発仙台週末フリー乗車券
北東北エリアから仙台方面への割引きっぷ。週末のみの販売です。往復の普通列車のチケットと、仙台エリアでのJR線乗り降り自由のチケットが付いています。仙台への往復には、別途特急券を購入します。
週末パス
くりこま高原以南のJR東日本エリアが乗り放題の割引きっぷ。週末のみの販売です。乗り放題なのは乗車券だけで、特急券が別途必要です。
もっと詳しく→「週末パス
首都圏週末フリー乗車券
東北・上信越各地から東京方面への割引きっぷ。週末のみの販売です。往復の普通列車のチケットと、東京エリアでのJR線乗り降り自由のチケットが付いています。東京への往復には、別途特急券を購入します。
→もっと詳しく「首都圏週末フリー乗車券
北陸周遊乗車券
東京〜上越妙高の各駅から、糸魚川〜金沢間の各駅まで北陸新幹線を利用した場合に、現地で購入できるフリー乗車券。「えきねっとトクだ値」「モバイルSuica特急券」利用者専用。
北陸観光フリーきっぷ
東海エリアから北陸エリアまでの往復乗車券・指定席特急券と、北陸エリアのフリーきっぷがセットになった乗車券です。
四国たびきっぷ
名古屋エリアから四国エリアまでの往復乗車券・指定席特急券と、各地域のフリーエリアがセットになったきっぷです。
阪神往復フリーきっぷ
四国エリアから阪神地区までの往復乗車券・指定席特急券、阪神エリアのフリーきっぷがセットになったきっぷです。
フルムーン夫婦グリーンパス
2人の年齢があわせて88歳以上になる夫婦が、同一行程で旅行する場合に利用できるフリーきっぷです。一部の列車を除くJR全線のグリーン車が乗り放題です。期間限定。
大人の休日倶楽部パス
50歳以上が入会できる大人の休日倶楽部限定のパス。JR東日本・北海道の全線が利用できるフリーきっぷです。期間限定。
おとなびパス・おとなびWEBパス
50歳以上が入会できるおとなび限定のパス。JR西日本の全線が利用できるフリーきっぷです。期間限定。
ハロー!自由時間パス
女性50歳、男性60歳以上が入会できるハロー!自由時間クラブ限定のパス。JR九州の全線または九州北部全線が利用できるフリーきっぷです。

フリーきっぷの使い方

フリーきっぷの使い方はチケットによって異なります。一般的には、フリーエリアの乗降は自動改札に対応していますので、チケットを自動改札に通すだけです。

新幹線乗車に特急券が必要なフリーきっぷは、チケットと新幹線特急券をあわせて自動改札に通せばOKです。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告
広告

↑ PAGE TOP