格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京・ 津間

東京・津のお得な利用法

東京〜津間を新幹線で移動するには、名古屋で乗り換える必要があります。東京〜名古屋間が東海道新幹線、名古屋〜津間がJR関西線の快速「みえ」または近鉄名古屋線です。

東京〜津間の格安チケットというものは基本的にありません。この区間を格安で行くには、東京〜名古屋の格安チケットと名古屋〜津のきっぷを組み合わせるのが基本になります。名古屋〜津を近鉄を使った場合の運賃は1010円、近鉄特急料金は別途900円です。

東京〜津の所要時間は、新幹線「のぞみ号」+近鉄特急で約2時間40分です。

東京~津の新幹線料金表
座席 料金
普通車自由席 11,410円
普通車指定席(ひかり) 12,450円
普通車指定席(のぞみ) 12,660円
グリーン車(ひかり) 16,040円
グリーン車(のぞみ) 16,250円
格安チケット 9,110円~
学割 9,940円~

ひと目でわかる東京〜津の格安チケットと値段リスト

  • 普通車指定席(のぞみ)+近鉄線乗車券 12100円
  • 普通車指定席(のぞみ)+快速「みえ」指定席 12660円
  • 普通車指定席(ひかり・こだま)+近鉄線乗車券 11890円
  • 普通車指定席(ひかり・こだま)+快速「みえ」指定席 12450円
  • 普通車自由席+近鉄線乗車券 11370円
  • 普通車自由席+快速「みえ」自由席 11410円
  • 新幹線回数券(普通車指定席用)+近鉄線乗車券 11370円 6枚セットの1枚あたり
  • 新幹線回数券(普通車指定席用)+快速「みえ」指定席 12150円 6枚セットの1枚あたり
  • ぷらっとこだまエコノミープラン+近鉄線乗車券 9110円 前日までに購入
  • ぷらっとこだまエコノミープラン+快速「みえ」自由席 9370円 前日までに購入
  • e特急券(普通車指定席)+近鉄線乗車券 11320円
  • e特急券(普通車指定席)+快速「みえ」自由席 11360円
  • 学割(のぞみ・みえ普通車指定席) 11190円
  • 学割(普通車自由席)9940

※価格はすべて通常期です。近鉄特急に乗るには別途900円が必要です。

東京〜津のお得なチケットは?

ぷらっとこだまエコノミープラン
前日までに特定の「こだま」号を予約することで、通常運賃料金より安くなるもの。JR東海ツアーズでのみ発売。駅の窓口などでは購入不可。
e特急券
会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員専用の割引きっぷがe特急券。新幹線乗車にはe特急券と通常運賃の乗車券が必要です。乗車当日の予約でも購入可。駅の窓口などでは購入不可。
金券店チケット
回数券のばら売りです。店や区間により違いがありますが、3〜7%程度安くなります。チケットが手元にあれば、当日予約なしでも乗車でき利便性があります。
広告

東京〜名古屋で自由席は座れる?

東京〜津間での新幹線利用は、「東京〜名古屋」の区間です。これについて、下りは東京駅から乗れば座れます。品川駅からでも、列車によっては座れます。上りは、名古屋発の「のぞみ」はありませんので、「のぞみ」は座れるかどうか微妙。乗り込む前に車内の状況を外から見て、座れなさそうなら一本遅らせましょう。

また、新大阪始発の「ひかり号」はわりと空いており、名古屋からでも座れる可能性が高いです。

東京〜津間の新幹線格安旅行術

東京〜津間には新幹線の格安チケットは皆無です。基本的には、「東京〜名古屋」の格安チケットに、JR関西線の快速「みえ」または近鉄名古屋線を組み合わせることになります。

快速「みえ」と近鉄名古屋線のどちらがいいかは好みですが、運転本数では近鉄のほうが多く、値段はそんなに変わらないので、近鉄がオススメでしょう。

東京〜名古屋のおすすめは「ぷらっとこだま」です。「のぞみ」に乗りたいなら、金券ショップの回数券を使うのがいいでしょう。いずれにしろ、名古屋〜津間は別運賃が必要です。

津駅または名古屋駅周辺で近鉄の割引きっぷのばら売りを購入することはできません。近鉄線はそうした紙類のチケットがないからです。JR関西線の回数券ばら売りはありますが、JRを使うなら東京から通し運賃で購入したほうが得になる場合もあります。つまり、名古屋〜津で金券ショップを使う意味はあまりありません。

東京〜名古屋間を回数券を買わずに窓口で普通にきっぷを買う場合の裏技としては、東京〜名古屋〜桑名をJR、桑名〜津を近鉄にするという方法があります。こうすると、近鉄に名古屋〜津で乗車するより100円ほど安くなります。

ただ、そこまでするのも面倒でしょうし、シンプルに安く移動したいなら、東京〜名古屋の回数券ばら売りと、近鉄線の普通乗車券を組み合わせるのが価格と便利さのバランスが取れていると言えます。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP