格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京・ 新白河間

東京・新白河のお得な利用法

東京から白河は、約180キロ。交通機関としては東北新幹線と高速バスがありますが、バスは時間がかかりやや不便。新幹線が圧倒的に便利です。新白河駅には全ての「なすの号」と、一部の「やまびこ号」が停車します。

東京〜新白河の所要時間は「なすの号」で約1時間20分です。

東京〜新白河にはJR東日本の新幹線の基本的な格安チケットが一通り設定されています。

東京~新白河の新幹線料金表
座席 料金
普通車自由席 6,150円
普通車指定席 6,650円
グリーン車 8,210円
格安チケット 4,320円~
学割 5,480円~

ひと目でわかる東京〜新白河の格安チケットと値段リスト

  • 普通車指定席 6670円
  • 普通車自由席 6150円
  • 新幹線回数券(指定席用) 6120円 6枚セットの1枚あたり。
  • トクだ値10 5990円 前日までに購入
  • トクだ値15 5660円 前日までに購入
  • お先にトクだ値30 4660円 13日前までに購入
  • お先にトクだ値35 4320円 13日前までに購入
  • モバトク 5970円
  • 首都圏週末フリー乗車券 6300円(乗車券+指定席特急券の片道あたり。新白河発のみ) 前日までに購入
  • 学割(普通車指定席) 6000円
  • 学割(普通車自由席) 5480円

※価格はすべて通常期です。時期により異なります。

東京〜新白河のお得なチケットは?

えきねっとトクだ値
JR東日本のウェブサイト「えきねっと」の会員限定のチケットです。えきねっとは誰でも無料で会員になれますから、「トクだ値」も誰でもつかえます。片道の「乗車券+指定席特急券」がセットになっています。JR東日本管内の多くの駅間に設定があり、時期により値段は変わります。予約は乗車日当日の午前1:40までです。列車・席数は限定です。予約・購入にクレジットカードが必要ですが、主要なカードは全て使えます。
お先にトクだ値
「えきねっとトクだ値」のうち、13日前にまでに購入することで30〜35%割引になるチケット。列車、席数、区間限定です。その他の条件は「えきねっとトクだ値」と同じです。期間限定で「お先にトクだ値スペシャル」として40〜50%割引のチケットが出ることがあります。50%割引はすぐ売り切れますので、入手は簡単ではありません。
モバトク
「モバイルSuica」で利用できる特急券で、正確には「モバイルSuica特急券」といいます。「モバイルSuica」の会員限定で、クレジットカードの登録が必要です。区間や列車の限定はなく、JR東日本の新幹線の全ての区間で利用できます。割引率は区間により異なりますが自由席より少し安い程度です。駅での販売はありません。
首都圏週末フリー乗車券
東北エリアから東京方面への割引きっぷ。週末のみの販売です。往復乗車券と東京エリアでのJR線乗り降り自由のチケットが付いています。新幹線を利用するには、別途特急券が必要です。
金券店チケット
回数券のばら売りです。店や区間により販売額に違いがありますが、回数券1枚あたり金額と同水準のことが多いです。チケットが手元にあれば、当日予約なしでも乗車でき利便性があります。

東京〜新白河で自由席は座れる?

下りは東京駅は始発駅なので、並べば座れます。上野駅、大宮駅からでも、「なすの号」は座れる場合が多いです。

新白河駅から東京方面に乗るときは、「なすの」は郡山始発なので、ほとんどの場合、新白河からなら座れます。

東京〜新白河間の新幹線格安旅行術

東京〜新白河間で、新幹線の格安チケットのおすすめは「お先にトクだ値」でしょう。13日前までに買わなければならないなど制限も多いですが、条件があえば抜群の安さは魅力です。利用できる列車は限定されますが、この価格なら納得でしょう。

ただ、「お先にトクだ値」は売り切れやすいチケットです。購入しやすいのは普通の「トクだ値」ですが、割引率はそれほど高くありません。

金券ショップ利用の場合は、ばら売り回数券は指定席用のみです。「トクだ値」と違い当日予約可能で、乗り遅れても次の列車に乗れる点などはメリットです。

週末の新白河発で、東京都内の電車に何度も乗る予定があるなら「首都圏週末フリー乗車券」もいいでしょう。その場合は、自由席を使うとさらに安く移動できます。「なすの」なら新白河からでも自由席に座れる可能性は高いでしょう。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP