格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 主要区間 > 東京・ 米原間

東京・米原のお得な利用法

東京〜米原は、東海道新幹線の「ひかり号」を利用します。米原に停車する「ひかり号」は、1時間に1本程度です。「のぞみ号」は停まりません。

東京〜米原の所要時間は、「ひかり号」で約3時間15分です。通過する「ひかり号」もあるのでご注意を。

この区間には、新幹線の割引きっぷはほとんどありません。「ぷらっとこだま」の設定もありません。新幹線回数券は設定されています。

東京~米原の新幹線料金表
座席 料金
普通車自由席 11,880円
普通車指定席 12,400円
グリーン車 17,390円
格安チケット 10,890円~
学割 10,410円~

ひと目でわかる東京〜米原の格安チケットと値段リスト

  • 普通車指定席(ひかり・こだま) 12400円
  • 普通車自由席 11880円
  • 新幹線回数券(普通車指定席用) 11430円 6枚セットの1枚あたり
  • 新幹線回数券(普通車自由席用) 10890円 6枚セットの1枚あたり
  • e特急券(普通車指定席) 11410円
  • EX-ICサービス(普通車指定席) 11210円
  • ICサービス(プラス・普通車指定席) 12200円
  • 学割(ひかり・こだま普通車指定席)10930円
  • 学割(普通車自由席)10410円

※価格はすべて通常期です。時期により異なります。

東京〜米原のお得なチケットは?

e特急券
会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員専用の割引きっぷがe特急券。新幹線乗車にはe特急券と通常運賃の乗車券が必要です。乗車当日の予約でも購入可。駅の窓口などでは購入不可。
EX-ICサービス
会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員専用のチケットレスサービスがEX-ICサービス。自由席の定価より少し安い価格で指定席に乗ることができます。チケットレスサービス利用が条件で、駅の窓口などでは購入不可。乗車当日の予約可。
EX-IC早特
会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員専用の割引チケットです。IC早特は3日前までの予約をすることで、通常運賃料金より11%〜17%程度安くなるもの。グリーン車は20%以上安くなり、さらにお得です。駅の窓口などでは購入不可。
金券店チケット
回数券のばら売りです。店や区間により違いがありますが、3〜7%程度安くなります。チケットが手元にあれば、当日予約なしでも乗車でき利便性があります。

東京〜米原で自由席は座れる?

下りは東京駅から乗れば座れます。品川駅からでも、列車によっては座れます。上りは、米原発の新幹線はありませんが、米原に停車する「ひかり号」は新大阪始発なので、だいたい座れます。「こだま号」は、ほぼ問題なく座れるでしょう。

東京〜米原間の新幹線格安旅行術

東京〜米原間には、新幹線の格安チケットはあまりありません。「ぷらっとこだま」の設定もありません。安く利用できるのは新幹線回数券のくらいです。

したがって、格安チケットは金券ショップ利用の回数券ばら売り購入が基本です。新幹線回数券は指定席用と自由席用がありますが、自由席用の回数券は比較的値段が低く設定されていますので、買うなら自由席でしょう。米原から乗る場合も、「ひかり号」は比較的自由席には座りやすいです。

ただ、このくらいの距離になると、自由席で座れないと大変な目にあいます。心配な方は指定席回数券のばら売りを買うといいでしょう。

安さにこだわるなら「こだま」の自由席利用がおすすめですが、東京〜米原間となると相当時間がかかります。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP