格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

「えきねっとトクだ値」の買い方・使い方

JR東日本の新幹線の格安チケットといえば「えきねっとトクだ値」です。これは、JR東日本のウェブサイト「えきねっと」の会員限定のチケットです。

「えきねっと」は誰でも無料で会員になれますから、「えきねっとトクだ値」も誰でもつかえます。片道の「乗車券+指定席特急券」がセットになっています。

「えきねっとトクだ値」が販売されている新幹線は以下の通りです。
・東北・北海道新幹線(東京〜新青森~新函館北斗)
・山形新幹線(福島〜新庄)
・秋田新幹線(盛岡〜秋田)
・上越新幹線(東京〜新潟)
・北陸新幹線(東京〜金沢)

「えきねっとトクだ値」の値段・予約・購入

「えきねっとトクだ値」は、JR東日本管内の新幹線の多くの区間に設定があり、時期により値段は変わります。だいたい5〜15%程度の割引率に設定されています。これより割引率の高い事前支払型のチケットとしては、「お先にトクだ値」があります。それは、こちらのリンクをご覧ください。
→「お先にトクだ値

「えきねっとトクだ値」の場合、予約は1ヶ月前(同日)の午前10:00から乗車日当日の午前1:40までです。列車・席数は限定です。予約・購入にクレジットカードが必要ですが、主要なカードは全て使えます。 

「えきねっとトクだ値」の購入方法

1 「えきねっと」の会員登録

パソコンまたは携帯電話、スマートフォンを用意します。これらを使って、「えきねっと」に会員登録します(無料)。

→会員登録はこちら「JR東日本・えきねっと

2 空席照会

「えきねっと」の「きっぷ旅行予約」からリンクをたどり「空席照会」をします。照会結果の「指定席(トクだ値)」の欄に「トクだ値」の設定がある列車は、「○」や「△」が表示されます。希望の列車の「○」や「△」ボタンをクリックして、以下、画面の案内に沿って申込みをします。「トクだ値」欄にこうした印のない列車は、設定がないか、売り切れなので申込みできません。

3 受取

きっぷの受取は、駅の窓口または指定席自券売機で行います。その際、「予約番号」と、「えきねっと」に会員登録されている「クレジットカード」が必要です。きっぷを受け取るまでは、指定席の変更などは自由に行えますが、受取後は一切不可になります。

4 受け取ったきっぷで乗車

改札口を通って列車に乗ります。乗車できるのは対象列車のみで、乗り遅れた場合に後続の新幹線の自由席に乗ったりすることはできません。また、途中下車は前途無効です。

「えきねっとトクだ値」で自由席に乗れる?

「えきねっとトクだ値」は指定席の割引きっぷですので、自由席版はありません。また、「えきねっとトクだ値」で購入した切符で自由席に乗ることはできません。指定された列車の指定された席でのみ有効です。

「えきねっとトクだ値」に往復割引はある?

えきねっとトクだ値は片道ずつの発売です。往復する場合は、別々に購入します。したがって往復割引もありません。

「えきねっとトクだ値」と学割はどちらがお得?

えきねっとトクだ値と学割を比較するとどちらが安いのでしょうか。学割は20%割引で、一見するとえきねっとトクだ値の5%〜15%割引よりお得な印象を受けます。

ただ、学割の割引対象は乗車券だけで、新幹線特急料金は割引になりません。そうすると、特急料金を含めた割引ではえきねっとトクだ値のほうが安くなるケースが多いといえます。ケースバイケースなので、比較検討したらいいでしょう。

学割は途中下車が可能だったり、往復割引もありますので、それらも考慮に入れましょう。

「えきねっとトクだ値」に区間外を乗る場合はどうする?

えきねっとトクだ値は、たとえば「東京−盛岡」などの設定になっています。では、千葉や横浜など区間外から乗る場合はどうすればいいのでしょうか。

これは、区間外になる部分を別売りで買うことになります。

また、「上野−山形」の設定において、設定されていない米沢などの駅で利用することもできます。この場合は、使わなかった区間の払戻しなどはありません。

「上野−仙台」などの設定において、途中の川口や岩沼など、新幹線が停まらない駅で利用する場合は、新幹線下車駅から当該駅までの別途運賃が必要です。

「えきねっとトクだ値」のキャンセル

えきねっとトクだ値で申しこんだ後、キャンセルは可能です。ただし、指定列車の発車前で未使用の場合に限ります。きっぷの受取り前にインターネットから払戻す場合は発車6分前までです。

きっぷの受取り前で乗車日当日までに払戻す場合、座席1席につき310円の手数料がかかります。

きっぷの受取り後に払戻す場合、発売価格の割引率分の手数料がかかります。(例:15%割引の場合は15%の手数料)。ただし座席1席につき最低550円の手数料がかかります。

「えきねっとトクだ値」の変更

えきねっとトクだ値の変更は、きっぷの受取り前に限り、インターネット上のみで可能です。人数の変更はできません。この場合、手数料などは無料です。

「えきねっとトクだ値」で乗り遅れた場合

指定列車にお乗り遅れの場合、きっぷは無効です。後続列車の自由席・立席などに乗ることはできません。払い戻しもありません。

「えきねっとトクだ値」まとめ

「えきねっと」のウェブサイトはあまり使いやすいとはいえず、説明もわかりにくくなっています。そのため、「えきねっとトクだ値」はちょっと面倒で敷居が高いと思われている方も多いようです。

ただ、慣れれば操作は簡単ですし、値段も季節変動がややあるほかは、おおむね一定です。会員登録も無料ですし、利用する価値はあるでしょう。

価格は他の割引きっぷに比べても安く、こうしたネット割引を誰にでも使える環境にしていることは素晴らしいと思います。JR東海がエクスプレス予約を同社クレジットカード保持者に限定しているのに対し、JR東日本はほぼ全て会社のカード保持者に開放しているわけです。

乗り遅れは問答無用で無効、途中下車前途無効など、普通のきっぷに比べれば制限が厳しい点があるので、そこだけ注意して使うと良いでしょう。

JR東日本「えきねっと」

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP