格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 格安チケット > ぷらっとこだま

「ぷらっとこだま」は東海道新幹線の格安チケット!

「ぷらっとこだま」は、東海道新幹線では貴重な格安チケットです。略称は「ぷらこま」。新幹線こだま号の普通車指定席やグリーン車に安く乗ることができます。

「ぷらっとこだま」は、正確にはJRの「きっぷ」ではありません。「JR東海ツアーズ」という旅行会社が販売している「旅行商品(ツアー)」です。

ここでは、ぷらっとこだまの利用法や制限事項、注意点などについて、わかりやすく解説します。

ぷらっとこだまとは?

「ぷらっとこだま」とは、前日までに特定の「こだま」号を予約することで、通常運賃料金より安くなる旅行商品です。「普通車指定席プラン」と「グリーン車指定席プラン」があり、「普通車」で25%程度安くなります。

販売しているのは「JR東海ツアーズ」と、その代理店のみです。JR東海ツアーズはJR東海系列の旅行会社で、東海道新幹線の主要駅に店舗がありますので、それらの駅ではJR東海ツアーズの営業時間中に購入することができます。

ぷらっとこだまの内容

ぷらっとこだまは、新幹線「こだま」の指定席の片道チケットと、ワンドリンク引換券がセットになっています。

名称のとおり、「こだま号」しか利用できません。「こだま号」を利用すると、たとえば東京−名古屋は約3時間、東京−新大阪は約4時間です。時間はかかりますが、東海道新幹線の格安チケットしては最安値といっていいでしょう。

ぷらっとこだまのルール

ぷらっとこだまは「きっぷ」ではありません。そのため、普通のきっぷとは異なるルールがあります。気を付けなければならないのは、以下の4点です。

JR東海の新幹線専用改札口しか利用できない。
「JR東海の新幹線専用改札口」とは、外から新幹線乗り場に直接入る改札口のことです。こうした改札口は利用できますが、在来線乗り換え改札口は利用できません。たとえば、東京駅の丸の内改札口は利用できません。
指定した列車の指定席のみ有効
ぷらっとこだまでは、予約した列車にしか乗れません。つまり、乗り遅れた場合に、後続列車の自由席に乗ったりすることはできません。また、ぷらっとこだまは、「こだま」号の一定区画に詰め込まれますが、勝手に自由席に移ったりすることもできません。
途中下車不可
ぷらっとこだまでは途中下車はできません。
前日までに購入
当日駅に行っても購入できません。前日までに、「JR東海ツアーズ」かその販売代理店で購入する必要があります。

ぷらっとこだまの設定区間

ぷらっとこだまは、東京、品川、新横浜、静岡、浜松、名古屋、京都、新大阪の相互駅間で設定があります。つまり、東京−名古屋、静岡−京都などは設定があります。

これらの駅以外では設定がありませんので、利用できません。つまり、東京〜熱海などは利用できません。また、上記駅間であっても、東京・品川−新横浜、静岡−浜松、京都−新大阪間の設定はありません。

ぷらっとこだまの価格

ぷらっとこだまは、乗車する区間、繁忙期・通常期、プランの違いによって価格は違います。また、子供料金も設定されています。以下に、普通車利用の主な区間の価格を示します。( )内は割引額です。

ぷらっとこだま普通車プラン価格表
区間 料金 割引額
東京~静岡 4,700円 1,650円
東京~名古屋 8,300円 2,580円
東京~京都 10,300円 3,300円
東京~新大阪 10,500円 3,640円
名古屋~新大阪 4,400円 1,950円

上記のほか、グリーン車指定席利用プランもあります。

ぷらっとこだまのグリーン車指定席プラン価格表
区間 料金 割引額
東京~静岡 6,700円 1,880円
東京~名古屋 9,300円 5,170円
東京~京都 11,800円 6,580円
東京~新大阪 12,000円 6,920円
名古屋~新大阪 6,700円 1,880円

ぷらっとこだまの購入場所

ぷらっとこだまは、JR駅の窓口では購入できません。購入できるのは、JR東海ツアーズ支店、JTB・JTBトラベランド・総合提携販売店などです。

JR東海ツアーズは設定駅の構内には支店がありますので、そこで購入できます。ただし、営業時間には注意してください。

また、インターネット(e-ぷらっとネット)でも購入できます。

ぷらっとこだまの購入期限

ぷらっとこだまは前日までに予約・購入する必要があります。e-ぷらっとねっとで購入する場合は、5日前までです。(東京支店で受け取る場合は2日前まで)。

ぷらっとこだまの使い方

ぷらっとこだまを利用するには、事前にJR東海ツアーズで申込みをする必要があります。

当日は、JR東海の新幹線専用改札口に直接行きます。東京駅の場合は、丸の内の改札口が使えないことに注意しましょう。八重洲口の新幹線乗り場の改札口を利用します。それ以外の駅でも新幹線専用改札口を利用します。在来線の改札口は利用できません。

ドリンク券は、駅構内のキオスクなどで有効です。乗車前にキオスクに行って引き換えておきます。ソフトドリンクか350mlのビールに引き換えられます。

指定された列車が来たら、指定された座席に座ります。席移動はできません。

到着駅では、新幹線専用改札口から外に出ます。在来線改札口が使えないのは、行きと同じです。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告
今月のお得な国内ツアー びゅう
広告

↑ PAGE TOP