格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 利用術 > ペット持込

新幹線でペットと一緒に旅をしよう!

新幹線にペットは持ち込めるのでしょうか? 言い換えれば、新幹線でペットと一緒に旅行できるのでしょうか? 結論を先に書いてしまうと、可能です。新幹線にペットなど小動物を持ち込む方法はJRのルールで明文化されています。

新幹線においては、ペット類は「手回り品」の扱いになります。そのため「手回り品料金」がかかります。また、ペットのために座席を利用することはできません。

ここでは、新幹線のペットの持込方法について解説していきます。

新幹線に持ち込めるペットのサイズと重量

JRの列車では、ペットは「小動物」として扱われます。列車内に持ち込める小動物には、以下の制限があります。

  • 小犬、猫、鳩またはこれらに類するものに限る(猛獣やへび類は不可)
  • 長さ70cm以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度のケースに入れる
  • ケースと動物を合わせた重さは10kg以内

このように、小さな犬や猫なら持ち込めます。ケースに入らないような大型犬は持ち込めません。

新幹線のペット持込料金

新幹線にペットを持ち込むには、「手回り品料金」がかかります。ペットは「手回り品」扱いなのです。この料金は、ケース1つにつき280円です。

手回り品料金の支払いは、駅の窓口などで乗車当日おこないます。駅の窓口でペットの入ったケースを見せ、「普通手回り品きっぷ」を購入してください。

新幹線車内でペットをどこに置くか

新幹線車内にペットを持ち込むことは可能なのですが、問題はどこに置くか、ということ。自分の膝の上に置くのが一般的ですが、ずっと膝上に載せているのも大変です。

その場合は、自席のテーブルの上に置くといいでしょう。ただし、新幹線のテーブル幅は30cm弱しかありません。そのため、テーブルの上に置くのなら、幅30cm以内のケースに入れましょう。これより大きなサイズだと、足元か膝上に置くしかありません。

ペットのために指定席を買える?

ずっと膝の上に置いておくのも大変なので、ペット用に座席を購入してしまおう!とお考えの方も多いようです。すなわち、ペットを置くために自分の隣席の指定席券を購入する、ということです。これは可能なのでしょうか?

これについては、JRの規則により、1人が2枚以上の乗車券や指定券を同時に使用することは禁じられています。ペットは「人」ではありませんから、ペットのための指定席を確保すると、「指定券2枚の同時使用」にあたります。したがって禁止されています。

つまり、ペットを置くために自分の隣席の指定席券を購入することはできませんし、購入したとしても、使用することはできません。

言うまでもありませんが、自由席1席分をペットのために使用することもできません。新幹線の自由席は混雑していることが多いので、隣席にペットを載せたりしないようにしましょう。

周囲の迷惑にならないように!

自分のペットはかわいいものですが、他人から見ると迷惑な存在に思われることもあります。くれぐれもルールを守り、周囲に迷惑がかからないよう、できるだけ自分の膝の上に載せて運びましょう。そのほうが、ペットも安心するに違いありません。

また、隣席の人がペット好きとは限りません。また、テーブルの上にペットを置くとなると、移動中ずっとテーブルを開きっぱなしになります。このため、隣席の人に迷惑にならないよう、窓際席を確保するといいでしょう。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP