格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 基礎知識 > 閑散期と繁忙期

新幹線料金の繁忙期と閑散期、通常期

新幹線の指定席特急券の料金には、通常期、閑散期、繁忙期の3つの期間が設定されていて、価格が違います。通常期の値段から、閑散期は200円引き、繁忙期は200円増しです。つまり、繁忙期の指定席特急券は閑散期より400円も高いのです。

繁忙期と閑散期の期間は毎年同じですが、曜日によるズレがあります。ここでは、通常期、閑散期、繁忙期のしくみと、設定期間をご紹介します。

繁忙期と閑散期の期間

繁忙期と閑散期の期間設定は、単純です。おおざっぱにいって、春休み、夏休み、冬休みとゴールデンウィークが繁忙期。1月、2月、6月、9月、11月、12月の長期休暇期間を除く平日が閑散期。それ以外が通常期です。金・土・日は閑散期になりませんので、原則として通常期です。

このルールを頭にいれておけば、それほど迷うことはありません。具体的な期間設定は以下の通りです。

閑散期
1月16日〜2月末日・6月・9月・11月1日〜12月20日の期間の月〜木曜日(ただし、祝日及びその前日と振替休日を除く)。
繁忙期
3月21日〜4月5日、4月28日〜5月6日、7月21日〜8月31日、12月25日〜1月10日。
通常期
閑散期、繁忙期以外の日。

閑散期・繁忙期カレンダー(2017年)

太字が閑散期、□が繁忙期、それ以外が通常期です。

閑散期と繁忙期の特急料金

閑散期の指定席特急料金は、通常期の指定席特急料金から200円引きです。繁忙期の場合は、通常期の指定席特急料金に200円増しです。

なお、自由席特急料金は、閑散期も繁忙期の区別はありません。すべて同額です。グリーン席、グランクラスも閑散期、繁忙期の区別はありません。

複数の新幹線をまたがって乗る場合

複数の新幹線にまたがって乗る場合は、閑散期料金や繁忙期料金が別々にかかることがあります。

まず、東海道新幹線と山陽新幹線をまたがって乗る場合は、運賃が統一されていますので、閑散期料金や繁忙期料金は別々になりません。

しかし、東海道・山陽新幹線(東京〜博多間)の各駅から九州新幹線(博多〜鹿児島中央間)の各駅に乗る場合の指定席特急料金は、閑散期は400円引き、繁忙期は400円増しとなります。

これは、東海道・山陽新幹線と九州新幹線は別々の料金体系になっていて、それぞれの区間の特急料金を合算するからです。東海道・山陽新幹線と東北・上越新幹線を東京駅で乗り継ぐ場合も同じです。

また、東北新幹線と山形新幹線、秋田新幹線をまたがって利用する場合は、閑散期が340円引き、繁忙期が340円増しになります。まとめると、以下のようになります。

  • 博多駅をまたいで、山陽新幹線と九州新幹線を乗る場合は、繁忙期が400円増し、閑散期が400円引き。
  • 東京駅をまたいで、東海道新幹線と東北・上越・北陸新幹線を乗る場合は、繁忙期が400円増し、閑散期が400円引き。
  • 福島駅をまたいで、東北新幹線と山形新幹線を乗る場合は、繁忙期が340円増し、閑散期が340円引き。
  • 盛岡駅をまたいで、東北新幹線と秋田新幹線を乗る場合は、繁忙期が340円増し、閑散期が340円引き。
  • 新青森駅をまたいで、東北新幹線と北海道新幹線を乗る場合は、繁忙期が200円増し、閑散期が200円引き。

回数券の値段は変わらない

新幹線回数券類は、繁忙期のうちのピークシーズン(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始)は使用禁止になります。しかし、その期間を除くと、閑散期でも繁忙期でも使うことができて、値段は変わりません。

見方を変えれば、新幹線回数券は繁忙期に使うとよりお得で、閑散期に使うとお得さが減る、ということになります。閑散期は自由席で座れることが多いですから、金券ショップで回数券のばら売りを買う場合は、その販売価格と、JR窓口の自由席特急料金の価格を比べて、安いほうを選ぶようにするといいでしょう。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP