格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 主要区間 > 新大阪・福山間

新大阪・福山のお得な利用法

大阪〜福山の旅行手段としては、新幹線と高速バスがあります。高速バスは手頃ですが、やや時間がかかります。時間的には新幹線が圧勝ですが、そのぶん値段は高いです。

この区間の主な列車種別は「のぞみ号」と「さくら号」ですが、「のぞみ号」も「さくら号」もそれほど所要時間に差はありません。種別よりも途中の停車駅の数でスピードを判断しましょう。

快適に移動したいなら「さくら号」の指定席がおすすめです。普通車なのに横2列×2列のシートで、グリーン車並みに快適です。

新大阪〜福山の所要時間は、「のぞみ号」で約1時間3分、「さくら号」で1時間8分です。

新大阪〜福山の新幹線の格安チケットは少ないです。激安なのは空席の多い「こだま号」の割引きっぷくらいで、「のぞみ号」「さくら号」の格安チケットの割引率は高くありません。

新大阪~福山の新幹線料金表
座席 料金
普通車自由席 7,340円
普通車指定席(さくら・こだま) 7,860円
普通車指定席(のぞみ) 8,070円
グリーン車(さくら・こだま) 11,450円
グリーン車(のぞみ) 11,660円
格安チケット 4,630円~

ひと目でわかる新大阪〜福山の格安チケットと価格リスト

  • 普通車指定席(のぞみ) 8070円
  • 普通車指定席(さくら・こだま) 7860円
  • 普通車自由席 7340円
  • 新幹線回数券(自由席用) 6890円 6枚セット
  • こだま指定席往復きっぷ 4630円 2人から発売 前日までに購入
  • e特急券(普通車指定席) 7340円
  • eきっぷ(普通車指定席) 7340円
  • EX-ICサービス(普通車指定席) 7240円

※価格はすべて通常期です。時期により異なります。

新大阪〜福山のお得なチケットは?

こだま指定席往復きっぷ
山陽新幹線の「こだま号」を2人以上で安く利用できるきっぷ。発売は乗車日の21日前から前日。「大人用」は一人当たり往復9260円(片道4630円)。「こども用」は一律往復3000円です。有効期間7日間。
e特急券
会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員専用の割引きっぷがe特急券。新幹線乗車にはe特急券と通常運賃の乗車券が必要です。乗車当日の予約でも購入可。駅の窓口などでは購入不可。
eきっぷ
J-WESTカード・JQ CARD会員専用の割引。乗車当日の予約でも購入可。割引価格のeきっぷと通常運賃の乗車券が必要です。乗車当日の予約でも購入可。駅の窓口などでは購入不可。
EX-ICサービス
会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員専用のチケットレスサービスがEX-ICサービス。自由席の定価より少し安い価格で指定席に乗ることができます。チケットレスサービス利用が条件で、駅の窓口などでは購入不可。乗車当日の予約可。
金券店チケット
回数券のばら売りです。店や区間により違いがありますが、3〜7%程度安くなります。チケットが手元にあれば、当日予約なしでも乗車でき利便性があります。

新大阪〜福山で自由席は座れる?

下りは新大阪駅から始発列車に乗れば座れます。新大阪始発の列車なら並べばだいたい座れます。

上りは福山駅からだと「のぞみ号」は座れないこともありますが、混雑している時間でなければ大丈夫でしょう。広島始発の「のぞみ号」のほうが博多始発よりも座れる可能性が高いので、広島始発を選ぶと座れる可能性が上がります。

新大阪〜福山間の新幹線格安旅行術

新大阪〜福山間で、新幹線の格安チケットのおすすめは「こだま指定席往復きっぷ」でしょう。2人以上限定で、前日までに買わなければならないなど制限も多いですが、条件があえば抜群の安さは魅力です。「こだま」しか使えませんが、この距離ならそれほどそれほど苦になりません。

そのほか、新大阪〜福山間で新幹線の格安チケットはほとんどありません。エクスプレス会員やJ-WESTカード会員以外は、金券ショップで販売されている新幹線回数券のばら売りくらいしかありません。

金券ショップ利用の場合は、バラ売り新幹線回数券は自由席用のみです。指定席をご希望なら正規料金が必要ですが、少し割高感があります。

新大阪〜福山間では、「ひかり」「さくら」なら自由席でも座れる可能性は高いですし、格安狙いなら、自由席の利用でいいでしょう。ただし混雑期は指定券を取っておいたほうが安心です。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP