格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 主要区間 > 名古屋・仙台間

名古屋・仙台のお得な利用法

名古屋〜仙台間は、直通の新幹線列車はありません。途中の東京駅で乗り換えになります。名古屋〜東京がJR東海、東京〜仙台がJR東日本になっているので、車両だけでなく新幹線料金も分断されますし、格安チケットも発売されていません。往復割引は適用されます。

名古屋〜仙台の所要時間は、「のぞみ号」と「はやぶさ号」の乗り継ぎで、で約3時間30分です。

名古屋~仙台の新幹線料金表
座席 料金
普通車自由席 18,680円
普通車指定席(ひかり+やまびこ) 19,720円
普通車指定席(のぞみ+はやぶさ) 20,240円
グリーン車(ひかり+やまびこ) 26,900円
グリーン車(のぞみ+はやぶさ) 27,420円
格安チケット 16,650円~

ひと目でわかる名古屋〜仙台の格安チケットと値段リスト

  • 普通車指定席(のぞみ+はやぶさ) 20240円
  • 普通車指定席(ひかり+やまびこ) 19720円
  • 普通車自由席 18680円
  • 普通車指定席(のぞみ+はやぶさで往復割引)18210円
  • 普通車指定席(ひかり+やまびこで往復割引) 17690円
  • 普通車自由席(往復割引) 16650円

※価格はすべて通常期です。時期により異なります。

名古屋〜仙台のお得なチケットは?

往復割引
片道601km以上の距離を往復乗車すると、乗車券部分が1割引になります。

名古屋〜仙台で自由席は座れる?

名古屋発は、始発の「のぞみ」はありませんので、「のぞみ」は座れるかどうか微妙。乗り込む前に車内の状況を外から見て、座れなさそうなら一本遅らせましょう。東京からの東北新幹線は始発駅なので自由席に座れます。ただし、自由席があるのは「やまびこ」だけです。

仙台発は「やまびこ」の仙台始発の列車に乗れば座れますし、そうでなくても座れる可能性は高いでしょう。「はやぶさ」に自由席はありません。東京からの東海道新幹線は、全列車始発なので自由席に座れます。

名古屋〜仙台間の新幹線格安旅行術

名古屋〜仙台間は一括の割引きっぷはありません。安いチケットとしては、JRの正規割引である往復割引を利用するのがいいでしょう。詳しくは「新幹線の往復割引」の項をご覧ください。

もっと安く、という場合は、名古屋〜東京を「ぷらっとこだま」、東京〜仙台を「えきねっとトクだ値」を使うという方法があります。これらは、「東京〜名古屋」と「東京〜仙台」の項目をそれぞれご覧ください。ただ、それでも往復割引で自由席を使うのと金額的に大差ないので、往復割引のほうが利便性が高いでしょう。

金券ショップ利用の場合は、東京〜名古屋と東京〜仙台を分けてばら売りの新幹線回数券を買うという方法もあります。ただし、正規価格と比べてたいして安くなりません。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP