格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 基礎知識 > 金券ショップ

金券ショップの新幹線チケット利用法

金券ショップで新幹線のチケットを購入する方は多いでしょう。金券店の新幹線チケットは安いですが、払い戻し不可や利用期間制限など、気をつけなければならないポイントもあります。また、指定席用の場合は、駅で座席予約をしなければなりません。

ここでは、金券ショップで購入した新幹線格安チケットの使い方と、注意点についてまとめてみました。

金券ショップで売っている新幹線チケットとは?

金券ショップで売っている新幹線の格安チケットには、大きく分けて2種類あります。「回数券」と「株主優待券」です。

回数券は、主に6枚綴りの新幹線回数券をバラ売りしています。金券ショップで購入したらそのままJR駅の改札口に行って新幹線に乗ることも可能です。

「株主優待券」は、JR各社のきっぷを割引価格で購入できる優待券です。株主優待券だけでは新幹線に乗車できず、駅窓口に持っていきJRのきっぷを購入する必要があります。

購入時に、どういうチケットなのかを確認しましょう。

バラ売り回数券の使い方

金券ショップで販売されている新幹線のバラ売り回数券には、「指定席回数券」と「自由席回数券」の2種類があります。どちらが販売されているかは新幹線の利用区間によって決まっていて、短距離は自由席回数券、長距離は指定席回数券です。中距離では、自由席回数券と指定席回数券の両方が販売されている区間も一部にあります。

自由席回数券のバラ売りの場合は、金券ショップで購入したチケットをそのまま駅の改札機に通すだけで新幹線に乗車できます。簡単です。

指定席回数券のバラ売りの場合は、金券ショップで購入したチケットをJR駅の窓口に持って行き、座席指定を受けなければなりません。座席指定を受けた後、その列車の指定席に乗ることができます。座席指定は駅の窓口以外に、指定席券売機(みどりの券売機)でおこなうこともできます。

バラ売り回数券利用の注意点

金券ショップで販売されているばら売り回数券を購入する際に注意するべき点は、「有効期間」です。回数券には有効期間が設定されていて、それを過ぎると無効になります。そのため、自分が新幹線を利用する日が有効期間内かを確認したうえで購入してください。

また、回数券類は、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始は利用できません。これらの期間に利用する際も、自分の乗車日が利用できない日にあたらないかを確認したうえで購入しましょう。

金券ショップで購入したバラ売り回数券は、JR駅での払い戻しができません。万一使わなくなってしまった場合、自由席回数券なら未使用なら、購入した金券ショップに持って行けば買い取ってくれるでしょう(買値より引取値は安いはずですが)。

指定席回数券は、JR駅で座席指定を受けてしまったら、購入した金券店でも買い取ってくれません。一切無効です。ご注意ください。

したがって、金券ショップで新幹線回数券を購入して利用する場合は、あまり早く購入しないほうがいいでしょう。直前購入がおすすめです。

新幹線回数券について詳しくは「新幹線回数券の使い方」をご覧ください。

株主優待券の使い方

金券ショップでは、新幹線の格安チケットとして、JR各社の株主優待券を販売していることがあります。これは、回数券の設定されていない区間向けです。たとえば、東北新幹線の東京−新青森間は回数券がありませんので、格安チケットとしてJR東日本の株主優待券が販売されています。

株主優待券の使い方は、少し複雑です。金券ショップで購入した株主優待券を、JR駅に持って行き、そこで割引価格の新幹線きっぷを購入する、という手順になります。株主優待券そのものでは新幹線に乗れません。

株主優待券利用の注意点

JRの株主優待券は、会社ごとに利用ルールが異なります。また、会社間をまたがって利用することはできません。たとえば、東京−岡山間は、JR東海とJR西日本にまたがりますので、JRの株主優待券を使うことはできません。

株主優待券には、使用できない期間はありません。ゴールデンウィークやお盆、年末年始にも利用できます。

株主優待割引券にも有効期間があります。基本的には6月1日から翌年5月31日までの1年間です。購入時には、有効期間を確認しましょう。

株主優待券について詳しくは「株主優待券の使い方」をご覧ください。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP