格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 基礎知識 > インターネット予約

新幹線のインターネット予約

新幹線のきっぷはインターネットで購入することができます。駅のみどりの窓口で行列する必要もありませんし、駅で購入するより安くなる場合もあります。

以下に、JR各社別にサービスをまとめてみました。

えきねっと(JR東日本・JR北海道)

全新幹線の予約可

JR東日本が運営しているサイトが「えきねっと」。全国のJRの指定席・自由席を予約できます。東北・上越・北陸新幹線だけでなく、東海道新幹線も予約可能。きっぷの受取はJR東日本とJR北海道の駅の窓口、一部のJR西日本の駅窓口です。

JR東日本「えきねっと」

使えるクレジットカードは、ビューカード、VISA、JCB、MasterCard、アメリカン・エキスプレス(AMEX)、ダイナースクラブです。ほとんどのクレジットカードが利用可といえます。指定席券の申し込みを、予約開始日より早く行うことができます。

利用するには会員登録が必要ですが、年会費などは無料です。会員になることで、えきねっと会員限定の割引きっぷを購入できます。割引きっぷはJR東日本・JR北海道の新幹線だけで、東海道新幹線を利用できる会員限定きっぷはありません。

えきねっとについてもっと詳しく
 →「えきねっと」とは?

モバイルSuica(JR東日本)

東北・北海道・上越・北陸・山形・秋田新幹線の予約可

JR東日本の新幹線(東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線)と北海道新幹線が携帯で予約・購入できます。チケットレスサービスが使えます。

利用するには、携帯電話にモバイルスイカのアプリがインストールされていることが必要があります。そのため、利用できるのはモバイルスイカ対応携帯だけです。

特徴としては、紙のきっぷで自由席を利用する場合の価格より安く、普通車の指定席を利用できます。また、「スーパーモバトク」という、専用の格安チケットも使えます。

また、モバイルSuicaに登録のうえ、エクスプレス予約の年会費(1,000円・税別)を払えば、モバイルSuica決済でエクスプレス予約が使えます。

モバイルSuicaについてもっと詳しく
 →「モバイルSuicaとは?

エクスプレス予約(JR東海)

東海道・山陽新幹線の予約可

JR東海が運営する新幹線予約システムが「エクスプレス予約」。東京〜博多間の新幹線のみが対象です。さらにEX-ICカードを持っていれば窓口でチケットを受け取る必要がなく、全国どこに住んでいても使えます。

エクスプレス予約を利用するには、以前は「JR東海エクスプレス・カード」か「JR西日本 J-WESTカード」「ビューカード」のいずれかのクレジットカードが必要でした。しかし、2017年9月から、それ以外のクレジットカードにもサービスが開放されました。

現在は、一般クレジットカードに「エクスプレス特約」を付けることで、エクスプレス予約を利用することが可能です(プラスEX会員)。

エクスプレス予約の特徴は、通常料金よりも若干安くチケットを買うことができることです。たとえば、東京〜新大阪なら1,000円ほど割安です。

エクスプレス予約についてもっと詳しく
 →「エクスプレス予約とは?

スマートEX(JR東海・JR西日本)

東海道・山陽新幹線の予約可

「エクスプレス予約」は有料会員制のサービスですが、プラスEXは無料会員制です。東海道・山陽新幹線で利用でき、基本商品では割引はほとんどありません。手持ちの交通系ICカード(Suica、ICOCAなど)を利用して新幹線に乗ることもできます。

スマートEXを利用するには、会員登録が必要です。会員登録は無料で、決済用のクレジットカードを登録します。交通系ICカードで新幹線に乗りたい場合は、それも登録します。

無料会員制なので、東海道・山陽新幹線の予約に備えて登録だけでもしておくといいでしょう。

スマートEXについてもっと詳しく
 →「スマートEXとは?

e5489(JR西日本)

全新幹線の予約可

JR西日本が運営しているサイトが「e5489」。全国のJRの指定席・自由席を予約できます。東海道・山陽新幹線だけでなく、東北・上越・北陸新幹線なども予約可能。ただし、きっぷの受け取りはJR西日本・四国・九州のおもな駅だけです。

使えるクレジットカードは、J-WESTカード、VISA、JCB、MasterCard、アメリカン・エキスプレス(AMEX)、ダイナースクラブなどです。ほとんどのクレジットカードが利用可といえます。指定席券の申し込みが予約開始日より早く可能です。

会員登録なしでも利用できますが、J-WESTネット会員になったほうが使い勝手がよくなります。会員になることで、列車の変更が何度でも可能になる(きっぷ受け取り前)などのメリットがあります。クレジットカードのJ-WESTカード会員になると、会員限定の格安きっぷが利用できるほか、エクスプレス予約も可能になります。

e5489についてもっと詳しく
 →「e5489とは?

JR九州インターネット列車予約サービス

九州新幹線内と、九州発着の山陽新幹線・東海道新幹線の予約可

JR九州が運営しているサイトが「JR九州インターネット列車予約サービス」。九州・山陽・東海道新幹線の指定席・自由席を予約できます。きっぷの受け取りはJR九州・西日本のおもな駅です。

使えるクレジットカードは、JQカード、VISA、JCB、MasterCard、アメリカン・エキスプレス(AMEX)、ダイナースクラブなどです。ほとんどのクレジットカードが利用可といえます。指定席券の申し込みが予約開始日より早く可能です。

利用するには、会員登録が必要です。会員になることで、会員限定の割引きっぷ「九州ネットきっぷ」「九州ネット早特」を購入できます。これはJR九州の路線だけなので、東海道新幹線などの会員限定きっぷはありません。

JR九州インターネット列車予約についてもっと詳しく
 →「JR九州インターネット列車予約とは?

JR四国のインターネット予約

JR四国エリアはJR西日本のe5489サービスを使うことができます。JR四国の駅では、e5489のきっぷの受け取りができます。

JR北海道予約サービス

2017年1月でサービス終了。「えきねっと」に統合されました。

北海道新幹線と、北海道発着の東北・北海道新幹線の予約可

JR北海道のインターネット予約サービスが「JR北海道予約サービス」。北海道新幹線やJR北海道の在来線列車の指定席・自由席を予約できます。予約したきっぷの受取はJR北海道の駅の窓口だけです。

利用するには会員登録が必要ですが、会費は無料です。会員になることで、JR北海道予約サービス会員限定の割引きっぷを購入できます。割引きっぷは東北・北海道新幹線とJR北海道の在来線だけが対象です。

JR北海道予約サービスについてもっと詳しく
 →「JR北海道予約サービスとは?

JRサイバーステーション

あまり知られていませんが、JRサイバーステーションでも新幹線の予約ができます。ただし、JRサイバーステーションのプロバイダの会員登録をしている人だけです。それ以外の人は、サイバーステーションで予約をすることはできません。

インターネット予約のメリット

インターネット予約のメリットとして、JR東日本・北海道、西日本、九州のサイトでは、指定席券の申し込みを予約開始日より早く行うことができます。

普通、新幹線のチケットは乗車の1ヶ月前から予約できますが、ウェブサイトを使うとそのさらに1週間前から申し込みができます。(申し込みであって、予約ではありませんが)。

いずれのサイトも会員登録などが必要で、最初のハードルは飛行機のホームページに比べるとやや面倒くさい印象もあります。でも、使い慣れれば安くて便利!

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

広告
今月のお得な国内ツアー びゅう
広告

↑ PAGE TOP