格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

ICOCAで新幹線に乗れる?

JR西日本のICカード乗車券がICOCAです。ICOCAを使って新幹線に乗ることはできるのでしょうか。

結論を先に書いてしまうと、普通のICOCAだけで新幹線に乗ることはできません。たとえば、米原駅も新大阪駅もICOCAが使えますが、この間を普通のICOCAで新幹線に乗ることはできません。

また、ICOCAと他のICカード乗車券は相互利用できますが、原則として新幹線に乗れないのはどれも一緒です。たとえばPiTaPa(ピタパ)やSuicaで新幹線には乗車できません。

ICOCAで入場し、紙の特急券で新幹線に乗る

新幹線のきっぷを持たずに、最寄駅からICOCAでJR線に乗車した場合を考えてみましょう。ICOCAで入場しただけでは、新幹線に乗ることはできません。

この場合は、最寄駅からICOCAで乗車し、新大阪駅の新幹線きっぷ売り場でICOCAを提示すれば、精算してくれます。そこで紙の新幹線のきっぷを購入し、新幹線に乗りましょう。新大阪駅から姫路駅といった、ICOCA区間内であっても、このような形でしか新幹線に乗れません。

新幹線のきっぷを買ってある場合

新幹線のきっぷを買ってあるけれど、ICOCAで最寄駅に入場する場合もあると思います。たとえば、大阪市内発の新幹線回数券が手元にあり、尼崎駅や高槻駅など、市外からICOCAでJR在来線に乗車する場合などが考えられます。

この場合は、最寄駅でICOCAを使って電車に乗り、新大阪駅の新幹線乗換口の自動改札機に回数券を挿入した後にICOCAをかざします。すると、最初の駅から大阪市内までの運賃がICOCAから自動精算されます。

たとえば、尼崎駅からICOCAでJR神戸線に乗り新大阪駅まで行き、新大阪駅から東海道新幹線に回数券で乗車する場合を例に考えてみます。この場合は、ICOCAで尼崎駅に入場し、新大阪駅の新幹線乗換口の自動改札機に回数券を挿入し、ICOCAをかざせばOKです。

紙のきっぷで新幹線に乗り、ICOCAで降りる

上記の逆のケースを考えます。たとえば、東京から大阪市内まで新幹線回数券を利用して、尼崎駅で下車する場合にICOCAが使えるか、ということです。

この場合は、下車時にICOCAで自動改札口をを通り抜けることはできません。尼崎駅の精算機で精算する必要があります。

新幹線停車駅が2駅以上含まれる「ICOCA定期券」も利用できない

JR東日本やJR東海には、在来線用の普通の「IC定期券」であっても、新幹線停車駅が2駅以上含まれる場合は新幹線を利用できるという規定があります。しかし、この規定はJR西日本のICOCA定期券にはありません。

つまり、新大阪〜姫路の在来線のICOCA定期券を持っていても、山陽新幹線には乗れません。新幹線料金を払っても乗れません。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP