格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 利用術 > ICカード

ICカードで新幹線に乗れる?

Suica、TOICA、ICOCA、SUGOCAなどを「ICカード」または「ICカード乗車券」といいます。最近はこうしたICカードがJR各社で普及しています。ICカードでピッと新幹線の改札も通れて、列車に乗れてしまえば便利ですね。このようにICカード乗車券で新幹線に乗ることはできるのでしょうか。

結論を先に書くと、一部を除き不可能です。ICカード乗車券そのままで新幹線に乗ることは、原則としてできません。JRの通勤電車に乗るようにしてICカード乗車券を新幹線の自動改札機にかざしても、改札ゲートが閉まるだけです。

ただ、例外も一部にあります。ここでは、ICカード乗車券で新幹線に乗る際の原則と例外を説明していきます。

ICカード乗車券で新幹線には乗れない!

原則としてICカード乗車券で新幹線に乗ることはできません。ICカード乗車券で在来線改札口から入場して新幹線に乗り換える場合は、新幹線乗換口の自動改札口で先に紙の新幹線きっぷを挿入し、その後、ICカード乗車券をかざします。それでICカード乗車券の精算ができます。

たとえば、JRの横浜駅でSuicaで入場し、東京駅から東北新幹線を紙のきっぷで利用する場合は、東京駅の新幹線乗換口の自動改札機に先に紙のきっぷを挿入し、その後、自動改札機にSuicaをかざせば改札を通ることができますし、精算も終わります。

紙の乗車券を用意する

新幹線に乗る場合は、最寄り駅から乗車する場合も、最初から紙の乗車券を用意したほうがいいでしょう。上記の例では、横浜駅から最終目的地までの紙のきっぷを購入し、それで入場します。

もし、SuicaなどのIC乗車券を持っていて、最初の改札口に入るときに使ってしまうと、運賃計算で損をする場合もあります。紙のきっぷとICカード乗車券の併用はできれば避けた方が良いでしょう。

また、自動改札口での紙のきっぷとICカード乗車券の併用は、博多駅以外の九州新幹線各駅ではできません。

Suica、TOICAでは定期券で利用可能

一部のICカード乗車券は、新幹線を利用できます。JR東日本のSuicaとJR東海のTOICAです。これらのICカード乗車券のうち、「ICカード定期券」に限り一部区間で新幹線に乗ることができます。上記以外の会社では、ICカード定期券であっても新幹線には乗れません。詳細は以下をご覧ください。

モバイルSuica特急券サービスなら新幹線乗車可能

JR東日本では、「モバイルSuica」に限ってJR東日本の新幹線に乗ることができます。この場合は、「モバイルSuica特急券」サービスを利用します。紙のチケットは必要ありません。

モバイルSuicaで新幹線に乗るときは、新幹線のきっぷをモバイルSuicaで事前に購入しておくことが必要です。モバイルSuicaで購入したきっぷ(モバトク、スーパーモバトク)を携帯情報端末で受取り(ダウンロード)ます。そうすると、モバイルSuicaを新幹線自動改札機にかざせば、チケットレスで乗車することができます。
 もっと詳しく→「モバイルSuica特急券

EX-ICサービスも乗車可能

JR東海の「エクスプレス予約」の「EX-ICサービス」では、ICカードを使って東海道・山陽新幹線を利用できます。この場合は、専用のICカードが必要です。
 もっと詳しく→「EX-ICサービス」

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP