格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

「IC早特」は東海道・山陽新幹線の早割チケットレスサービス

IC早特とは、EX-ICサービスの早期購入割引のことです。3日前までに購入することで、EX-ICサービスの価格よりさらに安く東海道・山陽新幹線に乗ることができます。

IC早特は、EX-ICサービス同様、東海道・山陽新幹線のインターネット予約サービス「エクスプレス予約」のチケットレスサービスです。したがって、IC早特は、紙の乗車券・特急券は使いません。その代わり、会員専用のICカードを使う必要があります。「エクスプレス予約」は有料会員制で、会員でない方は、IC早特を使うことはできません。

IC早特は、これまでの新幹線の早期割引特急券とは異なるルールが適用されます。また、通常のICサービスとも異なる部分があります。買い方、使い方などをわかりやすく説明しましょう。

IC早特のしくみ

IC早特は、東海道・山陽新幹線の特定の区間・種別の列車を、乗車日の3日前までに予約することで、e特急券やEX-ICよりも安く購入できるサービスです。

列車予約は3日前までに済ませる必要がありますが、予約後の乗車時刻等の変更は、 通常のEX-ICサービスと同様、乗車直前まで何度でも可能です。乗車券・特急券がセットになっている点など、基本的なシステムはEX-ICサービスと同じです。

IC早特の設定区間と列車

IC早特は、設定区間と利用できる列車によって、3つのタイプに分かれています。この区分は、やや複雑です。

タイプA:長距離タイプ

タイプAは、601kmを超える区間を乗車する場合に適用されます。列車種別に制限はなく、「のぞみ」「ひかり」「こだま」のいずれにも適用されます。また、普通車もグリーン車も利用できます。2つ以上の列車を乗り継ぐこともできます。例えば、「静岡−博多」といった区間にも適用されます。

タイプAの料金は、通常のEX-ICサービスに比べるとおおむね1000円程度安くなります。ただし、「東京−岡山」「東京−広島」「新大阪−博多」など、飛行機との競合区間では1,500円程度の割引となっています。また、もともとのEX-ICサービスの割引幅の大きい新大阪−博多間では、割引幅はやや小さくなっています。

タイプB:東海道新幹線「ひかり」タイプ

タイプBは東海道新幹線の主要区間である「東京・品川・新横浜−名古屋・京都・新大阪・新神戸」間を対象とした割引です。この区間では、終日の「ひかり」と東京駅を午前6時台に発車する「のぞみ」が割引対象です。普通車もグリーン車も利用できます。

タイプBの料金は、たとえば東京〜新大阪間でEX-ICに比べて1,000円ほど安くなります。

こだま「楽旅IC早特」

かつては「タイプC」として、「こだまグリーン車」に乗れる割引がありました。それが2014年6月17日にリニューアルされ、「楽旅IC早特」となりました。楽旅IC早特は、東海道新幹線区間の「こだま」グリーン車の全駅相互間に適用されます。

楽旅IC早特の料金は、東京から新大阪までで10,000円を切る設定になっていて、おおむね「ぷらっとこだま」より少し安い程度になっています。

IC早特の注意点

IC早特利用の注意点は、EX-ICサービス利用時と同じです。箇条書きにすると、以下の通りです。

  • 新幹線駅相互間の利用であり、在来線部分は別運賃になる。
  • 乗り継ぎ割引は適用されない。
  • 往復割引は適用されない。
  • 複数人利用はできない。

詳しくは「EX-ICサービス」の項をご覧ください。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP