格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 利用術 > グランクラス

グランクラスとは?

東北・北海道、北陸新幹線にはグランクラスが連結されています。グランクラスは、グリーン車を上回る豪華なシートで、行き届いたサービスも売り物。一方、料金も高く、気軽には乗れないと考える人も多いでしょう。

ここでは、新幹線のグランクラスはどういうシートでどんなサービスが受けられるのか。細かい点までご紹介してみましょう。

グランクラスの座席は?

新幹線のグランクラスは横3列(2列+1列)です。新幹線のグリーン車は横4列(2列+2列)ですから、1列分少なくなっています。そのぶん座席の横幅は広くなっています。グランクラスの座席幅は525mmで、グリーン車の475mmより5センチほど広くなっています。

シートの前後間隔もゆったりしています。グランクラスのシートピッチは1,300mmで、標準的なグリーン車のシートピッチ1,160mmより14センチほど広いです。

リクライニング角度も深く、シートをより大きく倒すことができます。新幹線のグランクラスのリクライニング角度は43.6度。グリーン車のリクライニング角度は車両によって異なりますが、E2系が26度、E5系が31度、E7系は37度です。グランクラスはかなり深く倒れるといっていいでしょう。

隣席との間にパーテーションもあり、プライバシー感が保たれます。レッグレスト、フットレストが連動して電動で動き、快適な座り心地を提供してくれます。

グリーン車を飛行機の「プレミアムエコノミー」にたとえると、グランクラスは「ビジネスクラス」に比肩する快適性があります。

グランクラスのコンセントは?

グランクラスには、全席にコンセントが装備されています。

グランクラスのスペックまとめ

グランクラスのスペック
シートピッチ 1,300mm
座席有効幅 525mm
肘掛幅(側/中) 124mm/270mm
パーテーション
読書灯
電源コンセント
テーブルサイズ 484.9×253mm
リクライニング 43.6度(電動)
座面(スライド・チルト) 電動
レッグレスト 電動
ヘッドレスト 上下手動

グランクラスのサービスは?

グランクラスには専任アテンダントによるサービスがあります。食事(軽食)提供のサービス、アルコール類を含む飲み物のフリードリンクサービス、各種アメニティグッズの用意、新聞、雑誌、時刻表の貸し出しなどが提供されます。軽食は1乗車につき1食のみです。

利用者の少ない時間帯・列車では、グランクラスの専任サービスは行われていません。そうした列車では、グランクラスは「シートのみ営業」と表示されます。「シートのみ営業」のグランクラスは、軽食・ドリンクなどのサービスは一切ありません。

グランクラスのメリットは?

新幹線でグランクラスに乗るメリットは、なんといっても座席の快適性です。また、グループ旅行が少ないので、車内が「静か」。静かにゆったり過ごしたいという方には最適です。軽食は、正直腹の足しになるほどではありませんが、お酒を飲みながらつまむ程度にはいいでしょう。大きな荷物を持って乗る場合も、荷物の置き場所にはほとんど困りません。

グランクラスの料金は?

グランクラスの料金は、グリーン車に比べて2倍以上。300km以上を乗ることを前提にした料金設定となっていますので、短距離ほど割高です。301km~700kmが9,000円程度です。

JR東日本グランクラス料金表
距離 ねだん
100kmまで 6,170円
200kmまで 7,200円
300kmまで 8,230円
301-700km 9,250円
701km以上 10,280円

上記はJR東日本管内、またはJR西日本管内の料金表です。 別途運賃・特急料金がかかります。

また、JR東日本と、JR西日本、JR北海道を乗り通すと、グランクラスの料金は跳ね上がります。基本的に、グランクラス料金は各社内での打ち切り計算だからです。

少しだけ割引もありますが、「会社をまたいで乗るととっても高い」ということはご認識を。東京~新函館北斗間のグランクラス料金は16,000円あまり。東京~金沢のグランクラス料金は13,000円あまりです。

新幹線でグランクラスが連結されているのは?

グランクラスが連結されているのは、東北・北海道新幹線と、北陸新幹線だけです。そのうちの、E5系、E7系で運転する列車で連結されています。「はやぶさ」「やまびこ」「かがやき」「はくたか」で主に連結されています。「なすの」「あさま」でも連結されている列車もありますが、「シートのみ営業」の場合も多いです。東海道・山陽新幹線や、九州新幹線、上越新幹線(高崎以北)ではグランクラスの連結はありません。

新幹線のグランクラスは利用価値がある?

新幹線のグランクラスの価値は、シートの快適さとサービス水準の高さです。「横3列」でパーテーション付きですから、隣席の人と接触することなく快適に旅をできます。

一方で、新幹線はグリーン車でも十分快適で、静かでよく眠れます。グランクラスの軽食も、価格に比べればシンプルなものですから、それほど高い価値を見いだせない、という人もいます。快適に移動したいならグリーン車で十分、という人も多いでしょう。

ただ、実際に利用してみると、その特別な空間の雰囲気がクセになり、また利用したくなるものです。東京から北海道や北陸へとなると割高感がすごいので、正直あまりおすすめはしませんが、JR東日本管内の移動としてなら、それなりにコスパもいいのではと思います。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP