格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 基礎知識 > 運賃・料金のしくみ

運賃・料金のしくみ

JRの駅で新幹線のきっぷを購入するときの値段は、「乗車券」+「特急券」の総額です。「乗車券」の値段が「運賃」、「特急券」の値段が「特急料金」です。その総額が新幹線のお値段です。つまり、以下のようになります。

運賃+特急料金=新幹線の値段

または

乗車券+特急券=新幹線チケット

「格安チケット」といわれるものは、こうした運賃・料金がセットになって割引価格になっています。

主要区間の総額の料金表はこちらをご覧ください。
 →「新幹線の総額料金表

指定席特急券と自由席特急券

新幹線の特急券は、「指定席」と「自由席」に分かれています。JRの料金案内では、「新幹線指定席」「新幹線自由席」などと表示されています。上記と同様の表記にすると、以下のようになります。

乗車券+自由席特急券=新幹線の自由席チケット
乗車券+指定席特急券=新幹線の指定席チケット

指定席特急券と自由席の差額は、季節などにより異なります。それについては、もう少し下の方で解説してあります。

全体的には、新幹線の自由席と指定席では、最低320円〜最大1340円の料金差が出ます。

なお、新幹線以外に在来線用の特急券もあります。在来線の特急券と区別するために、在来線用は「指定席特急券」「自由席特急券」と表示され、新幹線用は「新幹線指定席」「新幹線自由席」と表示されます。新幹線に乗るときは「新幹線指定席」「新幹線自由席」を購入します。

グリーン車にはグリーン料金がかかる

グリーン車を利用する場合は、「グリーン券」が必要です。グリーン券の値段は「グリーン料金」と表示されます。

運賃+特急料金+グリーン料金=新幹線のグリーン料金

このように、グリーン券と特急券は本来は別ですが、実際のチケットでは「グリーン席の指定席特急券」という形で一緒になっています。つまり、実際は以下のように考えてもかまいません。

運賃+グリーン特急料金=新幹線のグリーン料金

グランクラスにはグランクラス料金がかかる

グランクラスを利用する場合は、「グランクラス券」が必要です。グランクラス券の値段は「グランクラス料金」と表示されます。

運賃+特急料金+グランクラス料金=新幹線のグランクラス料金

これも、グリーン車と同様に、以下のように考えてもかまいません。

運賃+グランクラス特急料金=新幹線のグランクラス料金

「のぞみ」「みずほ」「はやぶさ」は別料金

新幹線の特急料金は、原則としては、どの列車種別に乗っても同額です。「ひかり号」と「こだま号」に値段の違いはありません。

「のぞみ号」「みずほ号」「はやぶさ号」「こまち号」は例外です。これらの列車の指定席(グリーン席、グランクラス席含む)に乗る場合は、少し高い特急料金が設定されています。

ただし、上記の列車でも自由席に乗る場合は、「ひかり号」などと同じ新幹線特急料金です。そのため、「のぞみ号」などに乗るときは、指定席だと割高になります。

子供は半額

新幹線の運賃・料金を子供が利用する場合、小学生で半額になります。未就学児は原則として無料です。

詳しくは「新幹線の子供料金のルール」をご覧ください。

季節や曜日により料金は異なる

JRの指定席特急料金には、「通常期」「繁忙期」「閑散期」の3つの値段があります。「繁忙期」は200円増し、「閑散期」は200円引きです。おおざっぱにいって、正月、夏休み、ゴールデンウィークが繁忙期、2月、6月、11月などの旅行シーズンでない時期の平日が閑散期です。それ以外の平日や週末は通常期です。

なお、JR北海道、九州と本州・四国では分類が若干異なります。たとえば、北海道の5月の平日は閑散期ですが、本州は通常期になります。

また、自由席には繁忙期、閑散期の区別はありません。自由席特急料金は通年同額です。

詳しくは「閑散期と繁忙期」をご覧ください。

実際の計算例(通常期)

例 東京〜新大阪の「のぞみ」指定席

運賃 8750円
指定席特急料金 5700円
計 14450円

例 東京〜新大阪の自由席

運賃 8750円
自由席特急料金 4870円
計 13620円
(自由席は「のぞみ」「ひかり」「こだま」同額)

例 東京〜新大阪の「ひかり」グリーン席

運賃 8750円
特急料金 4870円
グリーン料金 5300円
計 18920円

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP