格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

「EX-IC」は東海道・山陽新幹線のチケットレスサービス

「EX-ICサービス」とは、東海道・山陽新幹線のインターネット予約「エクスプレス予約」を使い、チケットレスで新幹線に乗車できるサービスのことです。紙の乗車券・特急券は使いません。その代わり、会員専用のICカードを使う必要があります。「エクスプレス予約」は有料会員制で、会員でない方は、EX-ICサービスを使うことはできません

EX-ICサービスは、これまでの新幹線の特急券とは異なるルールが適用されます。買い方、使い方などをわかりやすく説明しましょう。

EX-ICサービスの使い方

EX-ICサービスでは、従来の紙の乗車券・特急券に代わって、エクスプレス予約の会員に配布される専用のICカード「EX-ICカード」を使って改札口を抜けます。EX-ICカードを自動改札機にかざすだけで、新幹線に乗れてしまうのです。ただし、EX-ICサービスは東海道・山陽新幹線専用で、その他の新幹線には乗車できません。

EX-ICカードの代わりに、モバイルSuicaを使うこともできます。事前に申し込んでおけば、モバイルSuicaを使って携帯電話で新幹線にも乗ることができます。

EX-ICサービスの利用は、事前にエクスプレス予約で列車を予約し、決済しておく必要があります。

新幹線駅相互間でしか利用できない

EX-ICサービスでは、乗車券と特急券がセットで発売されます。e特急券と異なり、乗車券を別に買うことはできません。そして最大の注意点として、乗車券部分は新幹線駅相互間でしか利用できない、ということです。つまり、e特急券のように新幹線と在来線を通算した乗車券を別に用意しておいて、新幹線に乗るというようなことはEX-ICではできません。

具体的にいうと、EX-ICサービスで購入できるのは、東京駅−名古屋駅や、品川駅−新大阪駅という新幹線の駅と駅の間の区間だけです。新宿駅−千種駅や、東京駅−大阪駅といった区間では利用できません。この場合、東京駅−新宿駅、名古屋駅−千種駅、新大阪駅−大阪駅へは、別運賃になります。従来の乗車券なら、東京駅までのきっぷで新宿駅まで乗れたりします(特定市内駅制度)ので、その点はEX-ICサービスは不利になります。

ただし、EX-ICは「e特急券+乗車券」の組み合わせに比べて価格が少し安く設定されています。たとえば東京駅−新大阪駅間だと200円ほど安くなっています。そのため、東京駅−大阪駅間なら新大阪駅−大阪駅の別運賃を払っても、EX-ICのほうが安くなります。一方、新宿駅−天王寺駅に行く場合などは、新宿駅−東京駅と新大阪駅−天王寺駅の別運賃が必要となりますので、EX-ICサービスは不利になります。

乗り継ぎ割引は適用されない

EX-ICサービスでは、特急料金の乗り継ぎ割引が適用されません

乗り継ぎ割引とは、新幹線と在来線特急を乗り継いだ場合に、在来線特急の料金が半額になるという制度です。東海道新幹線+特急「しらさぎ」や、山陽新幹線+特急「やくも」などを利用する場合、乗り継ぎ割引が適用されます。

EX-ICサービスでは、この乗り継ぎ割引が適用外になります。乗り継ぎ割引の割引額は、特急料金の金額によりますが、だいたい数百円から1,000円あまりのことが多いです。そのため、EX-ICサービスを使うより、紙の特急券を窓口で購入した方が安い場合もあります。

往復割引は適用されない

EX-ICサービスでは、往復割引は適用されません。往復割引は、片道の距離が601km以上の場合、運賃が1割引となります。しかし、EX-ICでは往復割引は適用されませんので、片道601km以上の長距離を往復する場合は、 往復乗車券とe特急券を併用する方がトータルの運賃が安くなるケースがあります。

複数利用はできない

EX-ICを利用する時はエクスプレス予約会員証、つまりクレジットカードを持参した本人しか乗車できません。e特急券は、エクスプレス会員が一人だけでも複数で新幹線を利用できましたが、EX-ICサービスではそれはできません。

在来線乗り継ぎはICカードで

EX-ICサービスでは、新幹線駅で乗車券は打ち切りになります。そのため、在来線に乗り継ぐ場合は、別に乗車券が必要になります。といっても、最近は乗車券もSuicaなどICカードを使う人が多いでしょうから、その併用方法も書いておきます。

たとえば、新宿駅から大阪駅まで乗車する場合、以下のような手順になります。

  1. 新宿駅の改札でSuica等をタッチ。
  2. 東京駅の新幹線乗り換え改札で、EX-ICカードとSuica等を2枚重ねてタッチ。
  3. 新大阪駅の在来線乗り換え改札で、EX-ICカードとSuica等を2枚重ねてタッチ。
  4. 大阪駅の改札でSuica等をタッチ。

モバイルSuicaで新幹線に乗る場合は、モバイルSuicaのチャージから在来線の運賃が引かれますので、 携帯電話だけをタッチすれば改札を抜けられます。

ICカードにはSuica、TOICA、ICOCAなどがありますが、いずれもJR線内で共通に使えます。そのため、いずれか1枚をもっていれば大丈夫です。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP