格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

「e5489」は山陽・九州・北陸新幹線のネット予約

JR西日本のインターネット予約サービスが「e5489」です。山陽・九州新幹線やJR西日本・JR九州・JR四国エリアの特急列車のチケットを予約・購入することができます。また、JR東日本・JR東海の新幹線も予約可能。乗車券も同時購入できます。e5489だけで発売されている会員専用の割引きっぷもあります。

ここでは、e5489の利用法、メリット、デメリットについて、わかりやすく解説します。

e5489の会員種別

e5489は2つの会員種別があります。「J-WESTネット会員」と「J-WESTカード会員」の2つです。

J-WESTネット会員

J-WESTネット会員は、クレジットカードを発行しないe5489の会員です。氏名やメールアドレスなどとクレジットカードを登録することで利用できます。会費は無料です。インターネットで新幹線など列車の予約ができますが、e5489の会員専用割引きっぷは、期間限定の一部のものしか買えません。「eきっぷ」や「e早特」は利用不可

J-WESTカード会員

J-WESTカード会員は、JR西日本のクレジットカード「J-WESTカード」を持っている人が対象です。J-WESTカードには種別がいくつかありますが、ベーシックカードの場合、年会費は無料です。(ただし、1年に1度以上のショッピング利用が必要)。そのため、J-WESTカード会員の年会費は実質的には無料です。J-WESTカード会員は、カード会員専用の全ての割引きっぷを購入できます。

非会員

e5489は非会員でも利用できます。会員登録は必要ありませんが、購入時にクレジットカードは必要です。また、非会員は、ネット専用の割引きっぷを購入することはできません

e5489でできること

ここで、e5489でできることをまとめてみましょう。e5489でできることは、以下の通りです。会員種別によって、できることは異なります。

  • パソコンや携帯電話で山陽・九州・北陸新幹線の指定席を予約可能(全会員・非会員)
  • 新幹線と在来線特急の乗継予約も可能(全会員・非会員)
  • 好きな座席をシートマップで選ぶことが可能(全会員)
  • 指定席券事前申込サービスを利用できる(全会員)
  • 予約後、きっぷの受け取り前なら何度でも別の列車に変更可能(全会員)
  • e5489専用の割引きっぷを購入できる(カード会員。一部割引きっぷは全会員)

e5489で購入できるチケット

e5489では、主に「eきっぷ」「e早特」「チケットレス特急券」(在来線)、「期間限定きっぷ」「通常のきっぷ(特典あり)」「通常のきっぷ(特典なし)」といったチケットを購入できます。きっぷはインターネットで予約・決済し、駅で受け取ります。受け取れる駅はJR西日本、四国、九州の各駅と、北陸新幹線沿線・東京都内のJR東日本各駅です。

eきっぷ

J-WESTカード会員専用。インターネット予約専用の特急券がeきっぷです。通常の特急券よりも値段は安く設定されています。自由席のeきっぷもありますが、原則として指定席と同額です。新幹線の価格はエクスプレス予約の「e特急券」と同じです。

eきっぷには、「乗車券あり」と「乗車券なし」があります。「乗車券なし」の場合、eきっぷだけでは新幹線には乗車できません。別に「乗車券」を用意する必要があります。

「乗車券あり」の場合、乗車券とセットでe5489で購入することができます。乗車券に割引はありません。

eきっぷは、インターネットで予約、決済し、駅の窓口で紙のきっぷを受け取って乗車します。

eきっぷについてもっと詳しく
 →「eきっぷとは?

e早特

J-WESTカード会員専用。eきっぷのうち、乗車の3日前の23時までの予約で新幹線に割引価格で乗車できるサービスです。列車・区間・席数限定です。それ以外の利用方法は、eきっぷと同じです。

e早特についてもっと詳しく
 →「e早特とは?

e早特1

J-WESTカード会員専用。eきっぷのうち、乗車前日の23時までの予約で新幹線に割引価格で乗車できるサービスです。列車・区間・席数限定です。それ以外の利用方法は、eきっぷと同じです。

e早特1についてもっと詳しく
 →「e早特1とは?

WEB早特1

J-WESTネット会員、J-WESTカード会員のどちらも利用可。e5489で予約・購入できる北陸新幹線の格安チケットです。前日までに購入。

WEB早特1についてもっと詳しく
 →「WEB早特1とは?

チケットレス特急券

京阪神エリアの在来線特急向けサービスです。現時点では、e5489のチケットレス特急券は、新幹線では利用できません。

期間限定きっぷ

J-WESTネット会員、J-WESTカード会員のどちらも利用可。e5489で予約・購入できる期間限定のチケットです。「スーパー早特きっぷ」などがあります。e5489で予約・購入し、駅で受け取ります。

スーパー早特きっぷについてもっと詳しく
 →「スーパー早特きっぷとは?

通常のきっぷ(特典あり)

J-WESTネット会員、J-WESTカード会員のどちらも利用可。e5489で予約・購入できる普通のきっぷです。駅の窓口などで発売するきっぷと同じ価格です。「特典」とは、きっぷ受け取り前であれば、指定列車発車時刻前までインターネットから何度でも変更可能なことを指します。

通常のきっぷ(特典なし)

非会員を含めて誰でも利用可。e5489で予約・購入できる普通のきっぷです。駅の窓口などで発売するきっぷと同じ価格です。きっぷの変更は1回限りという全国共通ルールになっています。

J-WESTカード会員のメリットとデメリット

e5489のメリットを全て享受しようと思えば、J-WESTカード会員になるのがいいでしょう。ネット会員でも期間限定チケットは買えますが、利用できる期間や区間が限られていて利便性が高いとはいえません。そのため、山陽新幹線か北陸新幹線をたまにでも使う人は、J-WESTカード会員になっておくことをおすすめします。チケットが安くなるというメリットは大きいです。

J-WESTカードにはいくつか種類がありますが、とくにこだわりがなければ、年会費無料の「ベーシック」でいいでしょう。ただ、年会費無料といっても、年に1度もショッピング利用がなければ、年会費が1,000円ほどかかります。これはデメリットといえるでしょう。新幹線のチケットを年に1度買えば問題ありませんが、不安な場合は、携帯電話代など公共料金引き落としをJ-WESTカード決済にしておくといいでしょう。

東海道新幹線のエクスプレス予約を利用する

e5489で割引になるのは山陽・九州・北陸新幹線のみです。東海道新幹線の割引を受けるには「エクスプレス予約」の会員になる必要があります。この場合、「J-WESTカードエクスプレス」というクレジットカード会員になるといいでしょう。

「J-WESTカードエクスプレス」は、年会費1,000円(税別)かかりますが、エクスプレス予約もe5489も両方利用できるので、利便性は高くなります。東海道・山陽新幹線を年に2回程度使えば、元は取れるでしょう。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP