格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

「eきっぷ」は、山陽・九州・北陸新幹線のネット割引!

「eきっぷ」とは、JR西日本のインターネット予約「e5489」やJR九州の「JR九州インターネット列車予約」で購入できる特急券です。予約したeきっぷは、駅の窓口や券売機で「紙の特急券」として発券して、新幹線に乗車できます。

eきっぷを購入できるのはJR西日本の「J-WESTカード会員」かJR九州の「JQ-CARD」会員のみです。会員以外は利用できません。

eきっぷは、紙の特急券と少し仕組みが違います。買い方、使い方などをわかりやすく説明しましょう。

eきっぷの使い方

eきっぷは、JR西日本の「e5489」か、JR九州の「JR九州インターネット列車予約」で購入できる特急券です。基本的な仕組みや使い方は、従来の紙の特急券と同じです。eきっぷを予約・購入したら、駅で「紙の特急券」にかえて(受け取り)、新幹線に乗車します。つまり、従来同様、紙のチケットが発行されます。

eきっぷだけでは新幹線には乗れず、「乗車券」が別途必要です。これも、従来の紙のチケットと仕組みは同じです。併用する「乗車券」にはとくに制限はありません。往復乗車券でもいいですし、片道きっぷでも構いませんし、各種企画乗車券でも構いません。この乗車券も、e5489かJR九州インターネット列車予約で購入できます。

紙のきっぷの受け取り場所は?

eきっぷをパソコンなどで買った場合、紙のきっぷをどこかで受け取る必要があります。受け取りは、JR西日本、JR九州の窓口もしくは特急券券売機・受け取り専用機で行えます。受け取りには、購入時のクレジットカードが必要です。e5489を利用した場合は、JR四国の各駅でも受け取れます。北陸新幹線のきっぷの場合は、JR東日本の北陸新幹線の各駅や、東京都区内の主要駅でも受け取れます。

eきっぷの値段は?

eきっぷの値段は、紙の特急券とは異なります。山陽新幹線の場合は、紙の特急券の自由席より数百円〜1,000円程度安くなっています。JR東海の「エクスプレス予約」の「e特急券」と価格は同じです。

eきっぷには自由席と指定席の価格の違いはありません。したがって、山陽新幹線では紙の特急券の自由席より安い価格で指定席に乗れることになります。北陸新幹線の場合は、eきっぷは紙の特急券の自由席とほぼ同価格です。

乗り継ぎ割引は独自の価格が適用される

エクスプレス予約のe特急券では乗り継ぎ割引の適用はありませんが、eきっぷでは特急料金の乗り継ぎ割引が適用されます。乗り継ぎ割引とは、新幹線と在来線特急を乗り継いだ場合に、在来線特急の料金が割引になるという制度です。山陽新幹線+特急やくもなどを利用する場合、乗り継ぎ割引が適用されます。ただし、紙のきっぷの乗り継ぎ割引の制度とは若干異なり、独自の「乗継用割引」が適用されます。この価格は、紙のきっぷの指定席特急券の乗継割引価格より、若干安い程度になっています。

したがって、在来線特急の指定席を使っている限り、「eきっぷを使うより、紙の特急券を窓口で購入した方が安い」というケースはありません。ただし、新幹線の普通車指定席と在来線特急列車の自由席を乗り継いで利用する場合に、一部でeきっぷのほうが高くなる場合があります。

eきっぷの変更は?

きっぷ受け取り前であれば、指定列車発車時刻前までインターネットから何度でも変更可能です(発車時刻6分前までの列車に変更できます)。

きっぷ受け取り後は、インターネット上での変更はできません。ただし、1枚の特急券(または指定席券)につき、同一日・同一区間・同一設備・同一経路への変更の場合、1回に限りJ駅の窓口で変更が可能です。

eきっぷの払い戻し手数料は?

eきっぷの払い戻し手数料は、指定席券は330円、自由席券は220円です。乗車券を購入していた場合は、別途乗車券の払い戻し手数料として220円かかります。

ただし、指定席券の場合は、きっぷを受け取った後で、列車出発時の前日以降は、1枚あたり発売額の30%の手数料が必要になります。列車出発時刻後は、払いもどしはできません。

eきっぷとe特急券の違いは?

「eきっぷ」と似た名称に「e特急券」があります。これはどう違うのでしょうか。

これは、eきっぷはe5489の商品、e特急券はエクスプレス予約の商品、と理解しておけばいいでしょう。山陽新幹線では、eきっぷもe特急券も価格は同じですし、仕組みもほぼ同じです。eきっぷは、JR西日本の商品、e特急券はJR東海の商品、と理解しても構いません。

eきっぷとe特急券の大きな違いは、eきっぷでは山陽新幹線の全ての列車の予約ができますが、e特急券では「みずほ」「さくら」の指定席予約ができない、という点です。また、eきっぷでは東海道新幹線が割引になりませんが、e特急券では東海道新幹線が割引で利用できます。さらに、eきっぷは在来線でも利用でき、新幹線と在来線の乗り継ぎも割引で利用可能ですが、e特急券で在来線の利用はできません。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP