格安!激安!新幹線をお得に使いまくるためのサイトです。

新幹線旅行研究所

トップ > 基礎知識 > キャンセル待ち

キャンセル待ちで指定券をゲットするコツ

新幹線は列車本数が多いですが、年末年始やお盆のシーズン中は指定席がとりにくいもの。とくに午前中の時間帯のいい列車の指定席は、発売日に売り切れてしまうこともあります。

では、こうした指定席のキャンセル待ちは可能なのでしょうか。結論だけいうと、飛行機のように「キャンセル待ち受付」のようなものはなく、登録しておけばメールで連絡が来る、なんていう便利なシステムもありません。

しかし、キャンセルを狙って人気列車の指定券をゲットする方法はあります。キャンセル待ちシステムがないからこそ、知っている人だけが得をする狙い目の方法です。わかりやすく解説しましょう。

基本は駅の窓口に通う

新幹線の指定席のキャンセルを狙うには、駅の窓口で確認するというのが基本的な方法です。窓口で係員がマルスを叩いて空席を確認してくれます。マメに駅窓口に通いましょう。窓口が混んでいたら、指定席券売機で自分で確認することも可能です。

インターネットでも確認できる

このほか、JR各社のインターネットサービスでも指定席の空席を確認できます。JR東日本とJR西日本、JR九州、JR北海道は誰でも無料でインターネット予約できますので、空席状況を頻繁に確認して空席が出たらすぐに購入するといいでしょう。

JR東海では有料会員以外では予約できませんが、東海道新幹線の予約はJR東日本の「えきねっと」やJR西日本の「e5489」を使えば予約可能です。また、空席確認だけならJRサイバーステーションでもできます。サイバーステーションで空席を見つけて、すぐに最寄りのJR駅で買うという方法もあるでしょう。

空席が出やすいタイミングは2日前

指定席の空席が出やすいタイミングもあります。もっとも空席が出やすいのは2〜3日前。というのも、JRの特急券・指定席券をキャンセルするには、手数料がかかるのですが、その手数料が出発日前日になると跳ね上がるからです。

キャンセル時に必要な払戻手数料は、2日前までなら330円。それが前日になると30%になります。5000円の特急券なら、1500円です。ですから、キャンセルする客は遅くとも2日前までにキャンセルします。そのため、2〜3日前にキャンセルが出やすいのです。出発日の3日前から、駅の窓口に何度も通うと、指定席券をゲットできる可能性が高まります。

2週間前も狙い目

もっと前の段階で、乗車日の2週間前も空席が出やすいタイミングです。というのも、旅行会社が団体旅行用に確保している指定席券のうち、売れ残ったものが2週間前にJRに戻されるからです。このタイミングには若干のタイムラグがありますので、15日前〜12日前くらいに空席チェックをしておくと、思わぬ空席を確保できることがあります。

とりあえず空いている列車を予約しておく

新幹線は列車本数が多いので、その日の列車が全て満席、というケースは稀です。希望の時間の列車は空いていないけれど、少し時間をずらせば空いている、という場合は、とりあえず空いている列車の指定席を購入しておくことをおすすめします。

というのも、JRの指定席券は、1回に限り無料で変更することができるからです。ですから、まずは第2希望以下であっても確保しておき、もし第1希望が空いたら変更してもらえばいいのです。第1希望にこだわってきっぷを全く買わないでいると、第2希望以下の列車まで売り切れてしまうかもしれません。

めでたく第1希望の列車に空席が見つかり、第2希望の切符から変更してもらうときには、その切符と引換になります。したがって、変更狙いで空席を探すときは、必ず駅窓口に購入済みの指定席券を持っていきましょう。

インターネットの事前申込

JR東日本「えきねっと」、JR西日本「e5489」、「JR九州インターネット予約」、「JR北海道予約サービス」といった予約サイトでは、指定席券の申し込みを予約開始日より早く行うことができます。普通、新幹線のチケットは乗車の1ヶ月前から予約できますが、インターネットではそのさらに1週間前から申込ができます。(申し込みであって、予約ではありませんが)。

新幹線のインターネット予約についての詳細は、「新幹線のインターネット予約サイト」の項目をご覧ください。

広告

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
広告

↑ PAGE TOP